この度、東京芸術大学大学院壁画第1研究室では、哲学者・篠原雅武氏(”人新世の哲学”著者)をお迎えし集中講義を下記日程で行うことになりました。皆様、是非奮って参加ください。
ゲスト:篠原雅武氏|Masatake Shinohara
 
日時:2019年1月29日[火]14:30-16:00
場所:東京芸術学校上野校地美術学部絵画棟2F-210
対象:油画全学生、その他興味をお持ちの方は奮ってご参加ください!
内容:篠原氏は多くの著書発表や、海外の哲学書翻訳と並行しながら、多くの講義・論文発表を行い独自の考え方を深めていく活動を行っています。本講義では「人新世」という考えを美術とつなげながら、はじめての方にもわかりやすくなるよう、映像や画像を交えつつ、お話をしていただきます。
自身の制作に深みを与えたい方、哲学に興味がある方は奮ってご参加ください。
<本講義参考書籍>
●現代思想2019年1月号
<本講義参考文献>
担当:中村政人[壁画第1研究室 教授]、中村研一[教育研究助手]
講師:篠原 雅武 氏  Masatake Shinohara
1975年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了(哲学・公共空間論・環境人文学)。日本学術振興会特別研究員PD、大阪大学特任准教授等を経て、現在京都大学非常勤講師(2019年2月まで)。単著書に『公共空間の政治理論』(人文書院、2007年)、『空間のために』(以文社、2011年)、『全−生活論』(以文社、2012年)、『生きられたニュータウン』(青土社、2015年)、『複数性のエコロジー』(以文社、2016年)、『人新世の哲学』(人文書院、2018年)。主な翻訳書として『社会の新たな哲学』(マヌエル・デランダ著、人文書院、2015年)、『自然なきエコロジー』(ティモシー・モートン著、以文社、2018年)。