第64回 東京藝術大学卒業・修了作品展 終了しました

sotsuten15.jpg
第64回 東京藝術大学卒業・修了作品展
会期:  2016年1月26日(火)-1月31日(日)
会期中無休
9:30-17:30(入館は17:00まで)
* 最終日は9:30-12:30(入館は12:00まで)
会場:  学部―東京都美術館(PDF)
大学院―大学美術館・大学構内(PDF)
観覧料: 無料
主催: 東京藝術大学

1月26日(火)から1月31日(日)まで、東京都美術館、東京藝術大学大学美術館および本学美術学部構内において第64回東京藝術大学卒業・修了作品展を開催いたします。
学生生活の集大成として毎年ご好評を頂いております卒業・修了作品展は、今回で64回目を迎えます。今年も前回に引き続き、美術学部全科が上野に一堂に会し、東京都美術館、大学美術館、陳列館や正木記念館、また、学内の各科の特徴のあるアトリエのスペースや屋外のロケーションなどを活用しながら、見応えのある展覧会を構成していきます。
展覧会を通して本学の恵まれた制作・研究環境を楽しみながら、本学卒業・修了生のこれまでの質の高い成果と、これからの更なる成長の兆しを感じ取っていただけることでしょう。どうぞ広くご高覧、ご高評いただき、本学卒業・修了生の成長に期待していただければ幸いです。

問い合わせ: 東京藝術大学美術学部教務係
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
TEL: 050-5525-2123
ハローダイヤル: 03-5777-8600

公式サイト: http://diploma-works.geidai.ac.jp/

油画技法材料研究室講義 「死者の画法-古代エンカウスティーク技法-」

エンカオスティック集中講義ポスター.jpg
講義:「死者の画法-古代エンカウスティーク技法-」
講師:赤木 範陸
日程:2016年 6月7,14日(火)
時間:13:00〜

講義の概要:エンカウスティークとは約2000年以上前のローマに起源を持つと思われる古代絵画技法であり、AD2世紀には既にローマ帝国領となっていたエジプトのファイユームから、ミイラの棺に貼られた死者の肖像が発掘されている。熱で溶解された蜜蝋で描かれた死者の肖像は、昨日描かれたかの様に新鮮であり、これは蜜蝋の有機物として安定した性質によるものである。この講義では、エンカウスティークの概略の説明と実際の作品制作を行なう。
対象:全学年学生 *要申込


平成27年度 油画第5研究室集中講義 「めくるめく血肉化の遠近法ー観察と参与を通してー」終了しました

岩井優講演会.jpg
平成27年度 油画第5研究室集中講義
「めくるめく血肉化の遠近法ー観察と参与を通してー」
岩井優講演会
講師:岩井優/美術家
日時:2016年1月26日(火)14:00〜
場所 :絵画棟6階 油画会議室
対象 : 油画全学年 油画第5研究室学生必修
担当教員 : 保科豊巳  
担当助手 : 林航

岩井優 美術家  http://masaruiwai.com/jp/
1975年京都生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。博士(美術)。これまで、クレンジング(洗浄・浄化)をテーマに映像やパフォーマンス、インスタレーション作品を制作しており、その多くは人々が生活の中で実践している行為を増幅/変換し、共に恊働するという手法をとっている。クレンジングの効果とそれがもたらす歪みやエスカレートしていく様を浮き彫りにし、徐々に変容していく様を記録する。これまでに世界各地で滞在制作・発表をおこなっている。

油画技法材料研究室集中講義 イレズミ と 日本画ー日本南島の針突(ハジチ)にみる海人族の記憶ー終了しました

山﨑宏 集中講義ポスター2.jpg
油画技法材料研究室集中講義
イレズミ と 日本画ー日本南島の針突(ハジチ)にみる海人族の記憶ー
講師|山﨑 宏(現代美術家)
日時|2016 年1 月19 日(火)
   13:30~15:00 15:10~16:40
場所|油画技法材料研究室
対象|全学部生・大学院生


日本画の起源は「イレズミ」にあった。それは、古代南方海人族の黥面文身に端を発するものであり、『魏志倭人伝』にも記されている通り、3 世紀にはすでに日本の文化として定着していた。本講義は日本画とその技法材料、そして日本人による平面表現の本質がいかなるものでその起源がどこにあるのかを、美術史からではなく民俗学の視点により解き明かそうとするものである。

■GAP −油画学生の為の英語−2016 第4回

gap4.jpg============================
GAP-油画学生のための英語- 4th
日時 : 6月7日(火) 17:00-
会場 : 絵画棟6階 会議室
===========================

【第4回目】-Show and Listen-

新津保 建秀  M2

「Show and Listen」とは、まず作品を見て周りが意見を出し合い、その後に作者がプレゼンをします。
実際にイギリスの美大で行われている、自作や他の人の作品について話しあったり客観的に理解するためのプログラムです。
フランクな環境下で、英語プレゼンテーションとリスニングを練習します。

英語、交換留学が少しでも気になる油画学生はもちろんのこと、
英語が苦手な人も、英語・日本語両方できるTAがいるので安心して参加してみてください!

対象 : 油画学生/留学生
開催スケジュール  :  月1回~2回
講座時間 : 約90分
定員 : なし
持参用具 : 筆記用具/辞書(任意)

TA:
Sabrina Horak(ホーラク サブリナ)D3
Sam Stocker(サム ストッカー)D2