「帯 vol.03 -松栄ハイツについて-」油画第2研究室展

web_obi_poster.jpg
2017. 4.10[月] 13:00 - 17:00
          4.11[火]+12[水] 10:00 - 17:00
          4.13[木] 10:00 - 16:00
新井 麻弓、串田 千晶、しばた みづき、ゾエ シェレンバウム、三枝 愛
Yuga Gallery (東京芸術大学絵画棟1階 / 〒110−8714 台東区上野公園12−8)
企画 / 帯研、協力 / 帯屋捨松、デザイン / 堀 由紀江
WEB :  http://www.yhdzn.com/obiken/


この度、東京芸術大学絵画棟1階YugaGalleryにて、「帯vol.03 - 松栄ハイツについて-」展を開催いたします。
今回の展示では、「帯研」の活動が始まったキッカケともなった、「松栄ハイツ」という寮について、これまで関わってきた作家たちのそれぞれの思いを展示します。

そもそも、「帯研」とは何か。
この活動は2012年、京都・西陣にある老舗帯屋・捨松と、伝統工芸とは異なる軸で活動する芸大油画学生との交流から始まりました。学生一人ひとりが、現地での滞在を経て各々の興味で行ったフィールドワークを「帯研(おびけん)」と名付け、これまで幾つかの研究発表や展示を行ってきました。その活動の支えとなったのが、今回の展示のタイトルとなっている、「松栄ハイツ」という帯屋捨松の元・社員寮です。
私たち学生は、帯屋捨松の本店に程近いこの寮で、生活をするようにフィールドワークを続けてきました。今年春、半ば家のように思えてきたこの寮も、老朽化の問題から閉めることになったと聞き、改めてこの帯研の活動を見直した時、寮の存在が立ち上がってきました。
これまで私たちの活動の中に関わりのあったこの寮について焦点を当て、今回、展示という形で「松栄ハイツについて」伝えてみます。
一つの場が失くなること、そこにあった時間の堆積、そこに関わった人々のことなど、全てではなくともほんのすこしの中に立ち上がるそれぞれの思いがひとつの断片になることを期待し、その断片としての「松栄ハイツについて」を見ていただければと思います。

第65回 東京藝術大学 卒業・修了作品展

tumblr_static_1yb9dwpe5wu88wg4o4w4gkcok.jpg
会期:2017年1月26日(木)〜 1月31日(火)
時間:9:30 - 17:30(入場は 17:00 まで)
          最終日 9:30 - 12:30(入場は 12:00 まで)
会場:東京都美術館 / 
         大学美術館 / 
         大学構内 東京藝術大学 


油画科
twitter          https://twitter.com/geidaiyuga/

「日本学術振興会短期招聘研究者 チェッティ・ムスコリーノ教授 特別講義&シンポジウム」 壁画第2研究室 

チェッティ先生.jpg
2107
5.19(金) 18:00~19:30 第3講義室
講義内容:モザイク修復の彩色図版について~描かれたモザイク
5.22(月) 18:00~19:30 第3講義室
講義内容:ラヴェンナモザイク芸術概論~技法と材料
5.23(火) 18:00~19:30 第3講義室
講義内容:ネオニアーノ洗礼堂
5.24(水) 18:00~19:30 第3講義室
講義内容:サン・ヴィターレ教会
5.25(木) 18:00~19:30 第3講義室
講義内容:サンタポリナーレ・イン・クラッセ教会
5.26(金) : 18:00~19:30 第3講義室
講義内容:サンタポリナーレ・ヌオーヴォ教会
               ラヴェンナモザイク修復専門学校

・シンポジウム・
5.27(土) : 15:00~17:30  第1講義室
講義内容: ユーラシア大陸における壁画技法の比較調査   ~日本・中国・イタリア~ 

研究報告
チェッティ・ムスコリーノ教授:
(エミリア・ロマーニャのフレスコ技法と修復について) 
程 博研究員:
(敦煌研究院、莫高窟壁画施工について) 
木島隆康教授:
(アフガニスタンの土壁構造について) 
桐野文良教授:
(敦煌・莫高窟壁画の土壁構造について) 
工藤晴也教授:
(壁画の転写法について) 


*シンポジウム終了後(18:00~19:45)、赤レンガ1号館2階において懇親会を予定しています。 

共催: 油画科/芸術学科/文化財保存学 (独法)日本学術振興会
(お問い合わせ)壁画第2研究室 
TEL 050-5525-2566 / 2567 

平成28年度 油画第5研究室集中講義 「来年のヴェネチア・ビエンナーレ日本館」

めるろさん集中講義ポスターA3a.jpg


平成28年度 油画第5研究室集中講義
「来年のヴェネチア・ビエンナーレ日本館」



講師:鷲田めるろ/キュレーター
日時:2016年12月12日(月)14:00〜
場所 :中央棟 第5講義室
対象 : 油画全学年 油画第5研究室学生必修
担当教員 : 保科豊巳  
担当助手 : 髙原悠子




鷲田めるろ 金沢21世紀美術館キュレーター
1973年京都市生まれ。東京大学大学院美術史学修士課程修了。1999年より金沢21世紀美術館のキュレーターとして美術館の立ち上げに携わる。開館後、アトリエ・ワン、イェッペ・ハイン、島袋道浩、坂野充学の個展や「金沢アートプラットホーム2008」「3.11以後の建築」など、現代美術や建築の展覧会を企画。第57回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館キュレーター。

坂口寛敏退任展企画 ピクニック -ドローイングしながらのお話会-

1ピクニック.jpg

坂口寛敏退任展企画
ピクニック -ドローイングしながらのお話会-

日時:12 月 1 日(木)15:00-17:30 (途中参加可)

集合場所:絵画棟5 階 演習室509  

対象:油画全学生

主催:東京藝術大学油画企画実行委員会