集中講義「此の人の声、応答せよ。 Vol.10 丸山常生」終了しました

h23_konohitonokoe10_b.jpg

H24年度油画集中講義
「此の人の声、応答せよ。 Vol.10 丸山常生」
日時:2007年6月7日(木)15:00〜17:00
講師:丸山 常生 氏
場所:上野校地絵画棟演習室2
対象:油画全学生 ※油画第7研究室学生は必修。
担当教員:O JUN
担当助手:菊池 絵子
丸山常生(MARUYAMA Tokio)プロフィール 
1979年より美術家・パフォーマンスアーティストとして活動を始める。近年は、インスタラクション(install-action)と称するアートワークによる、造形的制作としての「もの作り(installation)」と、身体的行為としての「こと作り(action)」を統合させた表現を試みている。主に、私たちの身体、居住空間、都市などを包括する「環境」を発想源として、そこから私たちの感覚に、ある種の記憶や予感を彷彿させる断片を抽出し、それらを脱構築的な方法論で再編成する作品を創り出だす。現在まで、個展30回、各種企画・グループ展など多数。パフォーマンス・アーティストとしても、日本および世界各地での発表は百数十回におよぶ。また、アート・プロジェクトのディレクションや、ワークショップの実施にも関わっている。

略歴
1982. 東京藝術大学大学院美術研究科 絵画専攻(第2研究室 杉全 直・榎倉康二)修了
(2000以降の主な活動)
2012 “Jara Island International Baggat Art Exhibition” (カッピョン, 韓国) 
2011 個展 “Various of Skills saries vol.6”, (トキ・アートスペース, 東京)
トロールの森2011(善福寺公園とその周辺, 東京)
2010 個展 “Simultaneous positioning”, (Grave, ヴィクトリアビル、カナダ)
2009 個展 “Simultaneous positioning”, (フタバ画廊, 東京)
“Rain meets the Sun”, (M.K.CurlionisNational Museum of Art, カウナス,リトアニア)
2008 “Hope” (名古屋市民ギャラリー矢田, 名古屋)
2007 個展 “Simultaneous positioning”, (ギャラリーブロッケン, 東京)
2006 “Rencontre Internationale D’Art Performance De Quebec 2006” (Galerie Rouje, ケベック,カナダ)
2005 個展 “Simultaneous positioning”, (trace, Cardiff, Wales, UK)
2004 “The Rising Sun”, (Tehran Museum Contemporary Art, テヘラン, イラン)
“Between Eco & Ego 2004”, (川口, 埼玉/ナクソスタウン, ギリシャ)
2003 “UFUK”, (土日文化センター他, アンカラ/イスタンブール, トルコ)
“Transborder Language”, (BTAP, 北京)
2002 “Gimcheon International Performance Art Festival” (キムチョン, 他, 韓国)
2001 個展 “Simultaneous positioning”, (Galerie Claudia Delenk, ケルン, ドイツ)
2000 “NAW 2000”, (デュッセルドルフ, ミュンスター, 他, ドイツ)