集中講義 井出創太郎 氏「腐食の詩/piacer d’ amor bush」 終了しました

井出創太郎氏.jpg

版画研究室 集中講義「腐食の詩/piacer d’ amor bush」
講師:井出 創太郎 氏(愛知県立芸術大学 准教授)
日時:6月11日(月)講話「腐食の詩/銅版画の居場所」13:30〜 木版画工房
     12日(火)ワークショップ「腐食の詩/銅版画の便り」13:30〜 銅版画工房
1日目はスライドトークとしてご自身の制作、作品についてお話して頂ます。
2日目は氏の代名詞でもある緑青刷り、緑青石膏刷りのデモンストレーションならびにワークショップです。
対象:版画専攻学部生 および 大学院生

略歴:
1966年東京生まれ
1987年より銅版画を制作
1994 現代の版画1994(渋谷区立松濤美術館・東京)
1997 現代日本美術の動勢 版/写すこと/の試み(富山県立近代美術館・富山)
2000 旅籠町町屋プロジェクト−旅籠町最後の町家に4つの思考の風が吹く−(佐藤宅・東京)
   「相倉/その光と襖」piacer d’amor bush <相倉>(世界遺産相倉合掌造り集落内旧山崎家・富山)
2003  「棲家/その光と闇」piacer d’amor bush<片瀬>(井出宅・神奈川)
   平行芸術展―あざやかの構図―(小原流会館・東京)
2004 版の記憶/現在/未来(東京藝術大学大学美術館陳列館・東京)
2005 時空フリーダム(富山県立近代美術館・富山)
    銅版画の地平Ⅲ「現代銅版画の交差点」(ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション・東京)
2006−2009 「渡部家住宅その光と記憶」(国指定重要文化財渡部家住宅・愛媛)
2006    第一期<渡部家 表の間> 2007第二期<渡部家 奥の間> 2009 <渡部家 光との対話>
2006    井出創太郎+高浜利也「小出の家」(越後妻有アートトリエンナーレ・新潟)
2007 COLOURS OF EHIME(愛媛県美術館・愛媛)
2008-現在 「落石計画」(旧落石無送線局・北海道)
2008     第一期  2009第二期/Scattered Seeds「残響」 2010第三期 2011 第四期「霧と銅−記憶の器−」
2012     第五期「つくること・ゆだねること」
2009 愛知アートの森「落石計画東栄町スタジオ」(旧新城高校本郷校舎昇降口・愛知)
2010 アイチ・ジーン(愛知県立芸術大学芸術資料館、はるひ美術館、豊田市美術館・愛知)
              Double Diablegrig(ロイヤルスコティッシュギャラリー・スコットランド)
2011 女木島その光と記憶(MEGIHOUSE・香川)