油画第三研究室展「Föhn」終了しました

会期:2014.06.4[木]-06.12[金](土日休)
時間:10:00-16:30(最終日は12:00まで)
場所:東京藝術大学美術学部絵画棟1F アートスペース1、2
住所:〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
参加作家:
AquilesHadjis、小林あずさ、SamStocker、山形一生、荒井郁美、太中、劉暢、川角岳大、澤岡布紀、三瓶玲奈、李菲菲、中村Mather美香

image2.JPG

Föhn(フェーン現象)
山の斜面にあたったのちに山を越え、暖かくて乾いた下降気流となった風によってその付近の気温が上がる現象のことをフェーン現象という。今がこのフェーン現象がもっとも起こりやすい季節である。
6月、春から新しく制作を始めるにあたって少しづつその熱を上げていく時期といえるだろう。そのタイミングでこの研究室展によって私たちはその温度をより一層上げるものだと考える。それぞれの作品の前で上昇していく温度を体感していただきたく思うのである。