Don’t Mind The GAP -Beyond Language- 終了しました

GAP.jpg

Nov.11th〜14th
10:00〜17:00
at Rittai-Kobo
This project starts with the apparent gap between you and me. For this exhibit thirteen artists attempt to understand the “gap” as a creative space for a new collaborative artwork. What does the gap taste like, how does it feel in the dark, where does it like to stroll? 
The gap we are dealing with primarily is the space between one language and another. If language only lives in conversation as philosopher Hans-Georg Gadamer stated then here it is truly alive. By carefully exploring the space between one word and another, it becomes more than just the acquisition of vocabulary but a new relationship to the world. 
Each of the artworks on display show the rich possibilities found in communication between one person to another. That is why we choose NOT to “mind the gap”; instead moving beyond the monolingual to embrace multivalent reality. In so doing we hope to rediscover faint threads that hold us together.

会期:2013年11月11日(月)- 11月14日(木)
時間:10:00〜17:00
会場:東京藝術大学上野校地絵画棟 立体工房
このプロジェクトは、あなたと私のあいだにある(ように見える)「gap」から始まります。この展示では14名のアーティストが、その「gap=ずれ」を、コラボレーションによる新しい作品の創造的なきっかけとして解釈しています。そのずれは、例えばどんな味がして、暗やみの中でどのように感じ、どこを散歩するのが好きなのでしょうか。
私たちが主に扱う「ずれ」とは、ある言語ともうひとつの言語のあいだにあるものです。もし、言語が対話の中にのみ生きているのだとしたら—-哲学者のハンス・ゲオルグ・ガダマーが述べたように—-、ここでは、本当に言語が生きています。言葉と言葉の間にあるその距離を注意深く探索することは、単なる語彙の習得以上に、この世界との新しい関係を築くことにつながります。
それぞれの展示作品は、人と人とのコミュニケーションの中で見つかる豊かな可能性を示しています。それこそが、多様な意味をもつ現実を受け容れるために、単一の言語を越えることを選ぶ理由なのです。そうする中で、私たちを繋ぐかすかな糸を再発見したいと思っています。