トップページ      >  教員紹介   >  常勤教員

小林 正人 Masato KOBAYASHI

kobayashi.jpg
准教授  (油画第1研究室)


プロの画家、つまり既成概念に囚われない人間の輩出を目指す。
夢、ヴィジョンを現実のものにしていく実践、未来の自分のため今失敗する勇気! ハートとテクニックを徹底的に磨いて欲しい。



  続きを読む
 

小山 穂太郎 Hotaro KOYAMA

HP小山個人.jpg
教授 (油画第2研究室)

フィールドワークを通して、外界に敏感な感応性を持って創作を試みる。絵や映像、画像イメージが生み出されるなかで、本当に見えてくるものとはなんなのだろうか、実験精神を発揮して、発見と新たな経験を求める「旅」のような作品創作の時と場を考えている。

  続きを読む
 

杉戸 洋 Hiroshi SUGITO

杉戸 洋-thumb-260x260-1143.jpg
准教授 (油画第4研究室)

一年かけて自分の枠をつくること。
二年目はそれに抜け口をつくること。
または分解出来るようにしておくこと。
輪ゴムを切って結んだようなフレームも好い。
輪ゴムに質量を無くすことが出来るならば善い。

  続きを読む
 

保科 豊巳 Toyomi HOSHINA

hoshina.jpg
教授 (油画第5研究室)

第5研究室では現代美術の分野における「身体と関わる環境、社会、時間との関係性」を中心的な研究テーマとし様々なプロジェクトを行っている。作品は、インスタレーション、メディア、など様々な媒体を使用し現代表現を創造する目的をもっている。

  続きを読む
 

坂田 哲也 Tetsuya SAKATA

sakata.jpg
教授 (油画第6研究室)

絵画による制作研究を作品の独自性を尊重しつつ、学内外の企画展、個展や集中講義、異なる表現の文化を体験し、制作と日常の関係をも自身の絵画表現の中に取り込む姿勢を目指す。リアルな日常の地道な制作のドキュメントが、魅力ある新鮮な作品へと変貌を遂げる。

  続きを読む
 

O JUN

ojun.jpg
教授  (油画第7研究室)

第7研究室では新たな絵画の可能性を試みます。ゼミや社会見学、集中講義を通し様々な人や場所を横断しながら思考すること。アトリエに於いては日々の制作のなかで作品と向き合う各々の身体に問うこと。そして絵画という方法を以て世界と応答せよ、応答せよ! 

  続きを読む
 

ミヒャエル・W. シュナイダー Michael W. SCHNEIDER

MSchneider.jpg
准教授 (版画第1研究室)

Contemporary Art has become a complex fabric woven out of innumerable threads of communication. Within visual art, Printmaking was the first medium Artists could utilize to wide spread their work and to be heard within society with an autonomous voice.
Printmaking is an artistic expression based on the desire to multiply and to publish, it is Art that seeks contact to the public that critical, political and socially conscious in nature.
When printmaking is not seen as craft but as an attitude, it is the perfect tool for Artists living in the age of communication.

TOKYO UNIVERSITY OF THE ARTS PRINT DEPARTMENT WEB
東京藝術大学版画研究室
https://hanga.tokyo/




  続きを読む
 

三井田 盛一郎 Seiichiro MIIDA

mida.jpg
准教授 (版画第2研究室)

版画第2研究室では版画の歴史、概念、素材、技法など、現代の問題を様々な角度、方向から研究し、思考するための起点、基軸、座標を明確にすることで新しい視野、制作のパースペクティヴの獲得を目指します。また、研究室の特徴として木版画、和紙漉きなど日本の伝統に根ざした研究も並行的に行っている。

  続きを読む
 

中村 政人 Masato NAKAMURA

nakamura.jpg
教授 (壁画第1研究室)

国際的な現代美術シーンから地域芸術文化振興までアートと社会を有機的につなぐアートプロジェクトを実証的に研究。オルタナティブかつサスティナブルな社会意識と実践的スキルを企画展制作やアートプロジェクト、アーティスト イン レジデンス等に参加し学んでいく。 

  続きを読む
 

工藤 晴也  Haruya KUDO

工藤先生写真-001.jpg
教授 (壁画第2研究室) 

壁画第2研究室はモザイク・フレスコ・ステンドグラスを開設する日本で唯一の研究室です。これらの専門領域を学ぶと共に絵画の原点に立ち返り、環境と素材・表現の関係を思索しながら個の表現能力を養い、現代社会に対応する壁画の創作研究を実践しています。
  続きを読む
 

齋藤 芽生 Meo SAITO

saito-hp.JPGのサムネール画像
准教授 (油画技法材料第1研究室)

油画技法・材料第1研究室では、多様な素材や表現方法を研究する。また、自己の美術外の人生経験をも丁寧に見つめつつ、「人間の普遍」と「個人の人生の深層」を同時に語り得る、濃密な表現を探求する。


  続きを読む
 

秋本 貴透 Takayuki AKIMOTO

gizai_akimoto_s.jpg
准教授 (油画技法材料第2研究室)

油画技法・材料第2研究室では、自己表現としての絵画制作を中心に「油絵とはどのようなものか」という課題に絵画材料・技術の側面から取り組む。またゼミでは、デジタル技術実習、ディスカッション形式での研究発表、展覧会の企画、作品発表を行ない、自らのスタイル、方向性を探究していく。
  続きを読む