トップページ      >  教員紹介

小林 正人 Masato KOBAYASHI

kobayashi.jpg
准教授  (油画第1研究室)


プロの画家、つまり既成概念に囚われない人間の輩出を目指す。
夢、ヴィジョンを現実のものにしていく実践、未来の自分のため今失敗する勇気! ハートとテクニックを徹底的に磨いて欲しい。



  続きを読む
 

小山 穂太郎 Hotaro KOYAMA

HP小山個人.jpg
教授 (油画第2研究室)

フィールドワークを通して、外界に敏感な感応性を持って創作を試みる。絵や映像、画像イメージが生み出されるなかで、本当に見えてくるものとはなんなのだろうか、実験精神を発揮して、発見と新たな経験を求める「旅」のような作品創作の時と場を考えている。

  続きを読む
 

杉戸 洋 Hiroshi SUGITO

杉戸 洋-thumb-260x260-1143.jpg
准教授 (油画第4研究室)

一年かけて自分の枠をつくること。
二年目はそれに抜け口をつくること。
または分解出来るようにしておくこと。
輪ゴムを切って結んだようなフレームも好い。
輪ゴムに質量を無くすことが出来るならば善い。

  続きを読む
 

保科 豊巳 Toyomi HOSHINA

hoshina.jpg
教授 (油画第5研究室)

第5研究室では現代美術の分野における「身体と関わる環境、社会、時間との関係性」を中心的な研究テーマとし様々なプロジェクトを行っている。作品は、インスタレーション、メディア、など様々な媒体を使用し現代表現を創造する目的をもっている。

  続きを読む
 

坂田 哲也 Tetsuya SAKATA

sakata.jpg
教授 (油画第6研究室)

絵画による制作研究を作品の独自性を尊重しつつ、学内外の企画展、個展や集中講義、異なる表現の文化を体験し、制作と日常の関係をも自身の絵画表現の中に取り込む姿勢を目指す。リアルな日常の地道な制作のドキュメントが、魅力ある新鮮な作品へと変貌を遂げる。

  続きを読む
 

O JUN

ojun.jpg
教授  (油画第7研究室)

第7研究室では新たな絵画の可能性を試みます。ゼミや社会見学、集中講義を通し様々な人や場所を横断しながら思考すること。アトリエに於いては日々の制作のなかで作品と向き合う各々の身体に問うこと。そして絵画という方法を以て世界と応答せよ、応答せよ! 

  続きを読む
 

ミヒャエル・W. シュナイダー Michael W. SCHNEIDER

MSchneider.jpg
准教授 (版画第1研究室)

Contemporary Art has become a complex fabric woven out of innumerable threads of communication. Within visual art, Printmaking was the first medium Artists could utilize to wide spread their work and to be heard within society with an autonomous voice.
Printmaking is an artistic expression based on the desire to multiply and to publish, it is Art that seeks contact to the public that critical, political and socially conscious in nature.
When printmaking is not seen as craft but as an attitude, it is the perfect tool for Artists living in the age of communication.

TOKYO UNIVERSITY OF THE ARTS PRINT DEPARTMENT WEB
東京藝術大学版画研究室
https://hanga.tokyo/




  続きを読む
 

三井田 盛一郎 Seiichiro MIIDA

mida.jpg
准教授 (版画第2研究室)

版画第2研究室では版画の歴史、概念、素材、技法など、現代の問題を様々な角度、方向から研究し、思考するための起点、基軸、座標を明確にすることで新しい視野、制作のパースペクティヴの獲得を目指します。また、研究室の特徴として木版画、和紙漉きなど日本の伝統に根ざした研究も並行的に行っている。

  続きを読む
 

中村 政人 Masato NAKAMURA

nakamura.jpg
教授 (壁画第1研究室)

国際的な現代美術シーンから地域芸術文化振興までアートと社会を有機的につなぐアートプロジェクトを実証的に研究。オルタナティブかつサスティナブルな社会意識と実践的スキルを企画展制作やアートプロジェクト、アーティスト イン レジデンス等に参加し学んでいく。 

  続きを読む
 

工藤 晴也  Haruya KUDO

工藤先生写真-001.jpg
教授 (壁画第2研究室) 

壁画第2研究室はモザイク・フレスコ・ステンドグラスを開設する日本で唯一の研究室です。これらの専門領域を学ぶと共に絵画の原点に立ち返り、環境と素材・表現の関係を思索しながら個の表現能力を養い、現代社会に対応する壁画の創作研究を実践しています。
  続きを読む
 

齋藤 芽生 Meo SAITO

saito-hp.JPGのサムネール画像
准教授 (油画技法材料第1研究室)

油画技法・材料第1研究室では、多様な素材や表現方法を研究する。また、自己の美術外の人生経験をも丁寧に見つめつつ、「人間の普遍」と「個人の人生の深層」を同時に語り得る、濃密な表現を探求する。


  続きを読む
 

秋本 貴透 Takayuki AKIMOTO

gizai_akimoto_s.jpg
准教授 (油画技法材料第2研究室)

油画技法・材料第2研究室では、自己表現としての絵画制作を中心に「油絵とはどのようなものか」という課題に絵画材料・技術の側面から取り組む。またゼミでは、デジタル技術実習、ディスカッション形式での研究発表、展覧会の企画、作品発表を行ない、自らのスタイル、方向性を探究していく。
  続きを読む
 

ジェイミ ハンフリーズ Jaime Humphreys

非常勤講師 油画

1979イギリス生まれ/2002レディング大学美術専攻学士卒業/東京に拠点をおいて10年になり、様々なアーティスト・イン・レジデンスやアートプロジェクトに携わった。現在、遊工房アートスペースのAIRコーディネーターを勤めながら、武蔵野美術大学、女子美術大学非常勤講師。文化庁メディア芸術祭、国際交流基金、十和田アートセンター等の出版物の翻訳も手がける。

展示:2017 中之条ビエンナーレ ・ 2016 Chiang Mai × Nakanojo Exchange Exhibition (チェンマイ大学、タイ) ・ 2015 中之条ビエンナーレ/ 2014「The Moving Image Project」(Sluice Art Fair、ニューヨーク)・「色砂で描く、ひとときの絵」(ワークショップ・展示、千葉県)・「Crater vol.1」(遊工房アートスペース)/ 2013「トロールの森2013」(東京)・「Newcomer's View」(小金井アートスポット)/ 2011「立石タピストリー・プロジェクト」(立石)・「トロールの森2011」(東京)/ 2009「Continuous Line」(個展、遊工房アートスペース)/ 

受賞:2002「Owen Ridley Drawing Prize」(イギリス)

www.jaimehumphreys.com
 

竹村 京 Kei TAKEMURA

非常勤講師 油画

2004  ベルリン芸術大学卒業/2002  東京芸術大学大学院修了


2006  シドニービエンナーレ(シドニー)/2007  サイクル&リサイクル(愛知県立美術館)/2008  プラハトリエンナーレ(プラハナショナルギャラリー)/アーティストファイル(国立新美術館)/Apart a Part(トーキョーワンダーサイト)/2009   ステッチバイステッチ(庭園美術館)/VOCA展(奨励賞受賞)(上野の森美術館)/白井晟一展(群馬県立美術館)/FRAGILE展(サンエチエンヌ現代美術館/フランス)/2010  ペルミビエンナーレ(ペルミ現代美術館/ロシア)/2012年 ECHO展(クンストラーハウスベタニアン/ベルリン)/Kei Takemura展(シンガポールインスティチュートオブコンテンポラリーアート/シンガポール)/2013  ナウジャパン展(KAdE美術館)/アマースフールト(オランダ)/2014  Ichihara Art&Mix展(千葉)/Vanitas展(ゲオルクコルベミュージアム/ベルリン)/2015   Drawn to Form(ブラックタウンアートセンター/シドニー)/ハナノイロ(ドミニクマーシュギャラリー/シドニー)/2016   アートプロジェクト高崎(The Echo, 高崎シティーギャラリー)/Something falling from the sky(タカイシイギャラリー/東京)/Heal the World(Wooson Gallery/テグ)2017   Which second was the most beautiful?(エベンスペルガーギャラリー/ベルリン)/Which month was the most beautiful?(エベンスペルガーギャラリー/グラーツ/オーストリア)


 

板津 悟 Satoru ITAZU

非常勤講師 版画

1958年岐阜生まれ。21歳で渡米、1983年、オレゴン大学(University of Oregon)卒業。1984年、当時リトグラフのプリンター養成工房としてはアメリカ随一と言われていた、タマリンド石版画研究所に入る。
その後日本に帰国、87年にイタヅ・リトグラフィックを設立する。以後、国内・海外の作家と共同により、数多くの作品を制作している。2015 "祖師谷フォリオ"ギャラリーTAGA 東京/2014 "イタヅクシ" Sea Saw Gallery 名古屋/2013 "作家とプリンターのコラボレーション"公開制作 町田市立版画美術館東京/2012 "リトグラフを作るということ"特別講座 東京芸術大学 /2012 "Artists & Prints" 特別講座、東京造形大学/2012 "リトグラフと作家" 特別講座 武蔵野美術大学/2012 "石版画制作ワークショップ" 東京造形大学/2010 "Co­lab"ワークショップ University of Southern Queensland,Australia/2009 "リトグラフって何だ"作品展示 調布市たづくり展示室/2008 "公開制作"ワークショップ 町田市立国際版画美術館工房/2008 "版画工房とコラボレーション"ギャラリートーク、徳島県立美術館/2007 "Artists & Prints" 特別講座、東京造形大学/2006 "Akademia"ワークショップ、Beograd Serbia/2006 "Master Grafika" アーティストインレジデンス Queensland College of Art, Australia/2006 "ILGとリトグラフ作品について" 特別講座、東京造形大学/2004 "リトグラフ特別講座" 武蔵野美術大学/2004 "リトグラフ創作講座" ワークショップ 町田市立国際版画美術館/2001 "Artists+Lithographs" 作品展示 カスヤの森現代版画美術館 神奈川/1996 "リトグラフ講座" ワークショップ 横浜美術館 市民のアトリエ/1991 "Lieber Senefelder" 作品展示 東京日独文化会館
 

好宮 佐知子 Sachiko YOSHIMIYA

非常勤講師 壁画

1977 東京生まれ/2006 東京芸術大学大学院美術研究科 博士後期課程美術専攻(壁画)修了/


個展 2002 SPICA  MUSEUM 東京/2003 ギャラリーGAN / 東京 ギャラリー椿 GT2 東京/2004 ギャラリーGAN  東京/資生堂ADSP/2006 ギャラリー惺SATORU 東京/2007 ウイリアムモリス 東京/2008 工房 親 東京/画廊Full Moon 新潟/ギャラリー惺SATORU 東京/2009ギャラリーゴトウ 東京/2010 ギャラリーゴトウ 東京/2011 ギャラリー惺SATORU 東京/2012 ギャラリーゴトウ 東京/Restaurant かえりやま 東京/Kaede Gallery + full moon 新潟/2013ウィリアム モリス 東京/2015 Kaede Gallery + full moon 新潟/2016 ギャラリー惺SATORU 東京/グループ展 2002 「カフェ・イン・水戸」 赤池 孝彦+アート・ランダムス 旧ユニーデパート壁画制作/水戸芸術館 茨城/2004 「VOCA展2004現代美術の展望-新しい平面の作家たち」 上野の森美術館/「現代リビングアート展2004はじめて選ぶアート」リビングデザインギャラリ-東京/2007 「The Asian Spirit &Soul」 Seongnam Art Center 韓国/「Shanghai Art Fair Emerging Artists Exhibition」(NICHE GALLERY)ShanghaiMART 中国/2008「ART OSAKA 2008」 (工房 親)堂島ホテル 大阪/「群馬青年ビエンナーレ2008」 群馬県立近代美術館 群馬/2009 「東京コンテンポラリーアートフェア2009」(ギャラリー惺) 東京美術倶楽部 東京/2011 「区長賞創設30周年記念 台東区コレクション展」東京芸術大学大学美術館 東京/「Affordable Art Fair」(Peng Gallery) 7 West New York , USA/「フレスコ展」 美術家連盟画廊 東京/2013 「第2回 フレスコ展 2013」 洋協ホール 東京/2014「MITSUKOSHI×東京藝術大学 夏の芸術祭2014 次代を担う若手作家作品展」 三越 日本橋本店 東京/2015「絵画を考える そのイメージ1『自然』--絵画表現領域--」 工房 親 東京/「第3回 フレスコ展 2015」洋協ホール東京/賞歴 2003 第8回ADSP 資生堂/2007 Shanghai Art FairEmerging Artists ExhibitionShanghai MART 中国 特別賞/2009 第8回現代日本美術会 奨励賞/2011 第10回現代日本美術会 大賞/2005~2006 世界遺産ガッラ・プラチディア廟モザイクの保存と修復活動への参加/パブリックコレクション台東区 東京


http://sachikoyoshimiya.com/
 

寺内 誠 Makoto TERAUCHI

1980 東京生まれ/2004 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業/2006 東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修士課程修了/2008.4-2011.3 東京藝術大学美術学部絵画科油画教育研究助手/2014.4-2017.3 東京藝術大学美術学部絵画科油画助教

2004 芸大・茨大・筑波大卒業修了制作選抜展(東海ステーションギャラリー 茨城 '06)/2005トーキョーワンダーウォール都庁2004(東京都庁)/2006 Field of NOW U-40(洋協アートホール 東京)/2008 個展(ギャラリー広田美術 東京 '09、'10、'12)・アートフェア東京(東京国際フォーラム)・東京コンテンポラリーアートフェア/2009 中径展(府中市美術館市民ギャラリー '09)/2010 ART AWARD NEXT ♯1(東京美術倶楽部)・アート台北(Taipei World Trade Center 台北)・GTS観光アートプロジェクト「隅田川新名所物語」(東本願寺慈光殿)/2012 HONG KONG CONTEMPORARY(The Park Lane Hong Kong 香港)・ART SHOW BUSAN(BEXCO New Exhibition Hall 1st floor 釜山)/2013 Autumn Exhibition(ギャラリー広田美術 東京)

http://makoto-terauchi.com/
 

髙橋 涼太 Ryota TAKAHASHI

助教
 

菅 雄嗣  Yushi SUGA

教育研究助手 (油画第1研究室)

1988 長崎生まれ/2014 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業 /2015-2016 シュトゥットガルト美術大学(交換留学) /2017 東京芸術大学大学院美術研究科修士課程油画専攻修了/

2014 第一回CAF賞入選作品展覧会 (TABLOID GALLERY) /トーキョーワンダーウォール公募2014入選展 (東京現代美術館) /トーキョーワンダーウォール都庁2014 (東京都庁第1本庁舎3階南側空中歩廊) /2015 TWS-Emerging (ワンダーサイト渋谷) /2017 太郎かアリス in the dark (ギャラリーマルヒ) /Spring fever (駒込倉庫)

 

井上 潤美 Masumi INOUE

1988 生まれ/2012 女子美術大学芸術学部絵画学科洋画専攻卒業/2013-14 ナント美術学校(交換留学生)/2016 東京芸術大学大学院美術研究科修士課程油画修了

2016 アート•イン湯宿(湯宿-群馬県)/アートミーティング 田人の森に遊ぶ 2016 (田人-福島県)/100周年記念大村文子基金 女子美制作•研究奨励賞 受賞/2015  しっくり、こない(東京藝術大学)/2014 帯 vol.01 (東京藝術大学)/2013 振付•出演 『串田千晶 個展「wunderkammer Ⅳ」 朗読×ダンス』 (東京)/東京アートミーティング 共感覚実験劇場(東京藝術大学大学美術館)/2012 出演 オペラ「椿姫」〜宮田プロデュース第2回講演〜 (森のホール21-千葉)

 

水流智美 Tomomi TSURU

教育研究助手 (油画第3研究室)

1985 鹿児島県生まれ / 2012 東京藝術大学美術学部絵画科油画 卒業 / 2014 東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画 修了

2015 mokumoku展(柏髙島屋)/ ぽこあぽこ展 (隅田公園リバーサイドギャラリー) / 2013 東京アートミーティング 共感覚実験劇場(東京藝術大学大学美術館)/ undressing (東京藝術大学大学)/ 2012 ホールインワン展(名古屋)/ NULL POINT(東京藝術大学大学)/ GTS AWARD(浅草 シタマチ BASE)
 

渡邉光 Hikari WATANABE

教育研究助手 (油画第4研究室)

1990 東京都出身/2013 武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻卒業/2015    東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了/

2015 渡邉光展-海を宿す-(ASAGI ARTS)/絵画を考える そのイメージⅠ「自然」(Gallery工房 親) /2014   春韻展(GALLERY 工房 親) /トーキョーワンダーシード2014(トーキョーワンダーサイト渋谷) /第1回CAF賞展(タブロイドギャラリー)//トーキョーワンダーウォール公募2014入選展(東京都現代美術館)
/董展―偏愛する絵画、六研派の美術―(東京藝術大学)/2013 渡邉光展-半醒-(Gallery b.TOKYO)/2012    39advance展(Gallery工房 親)/personal space展(Gallery工房 親)/絵画を考えるー描くモノ(Gallery工房 親)/2011    トーキョーワンダーウォール公募2011入選展(東京都現代美術館)/THE SIX 2011(ラフォーレミュージアム原宿)


http://hikari-watanabe.jimdo.com//
 

星野 歩 Ayumu Hoshino

教育研究助手 (油画第6研究室)
 

長田奈緒 Nao OSADA

教育研究助手 (版画第1研究室)

1988 生まれ/2012 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業/2013-14 ウィーン応用芸術大学(交換留学生)/2016 東京芸術大学大学院美術研究科修士課程版画修了

2016 Memories/Things(Open Letter)/2015  Thinking Print vol.4ーコラージュと版画、そして写真(京都嵯峨芸術大学附属ギャラリー)/2014 くわばらくわばら Touch Wood(在日オーストリア大使館)/2013 第4回 NBCメッシュテック シルクスクリーン国際版画ビエンナーレ展(美術家連盟画廊)
 

栗原 良彰 Yoshiaki KURIBARA

教育研究助手 (壁画第1研究室)
 

大西 利佳 Rika ONISHI

教育研究助手 (壁画第2研究室)

1989 新潟生まれ/2014 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業/2017 東京芸術大学大学院美術研究科修士課程壁画専攻修了/

2015 フランス留学(JASSO短期派遣奨学生)/グループ展 "Ouvrir la profodeur de l'ame"(パリ/フランス)/2014 神山財団奨学生 /グループ展 "居住する美 千駄木"(東京/日本)/グループ展"居住する美 銀座"(東京/日本)/2013 グループ展 "PARK"(北投/台湾)/2011 取手アートプロジェクト派遣アーティスト(2011寺原小学校/2010吉田小学校)/2010 個展"INSTANT"(茨城/日本)

 

長谷川 銀  Gin HASEGAWA

教育研究助手 (油画技法材料第2研究室)

1988 石川生まれ/2011 金沢美術工芸大学美術工芸科油画専攻卒業/2013 東京芸術大学大学院美術研究科修士課程油画技法材料(第2研究室)修了
2011art award tokyo marunouchi 2011行幸地下ギャラリー(東京)/2013 個展/「いつかの風景」(金沢)2014 個展「THE FINDER」(東京)