集中講義 「亀茲石窟壁画論」

H22技材 中川原育子集中講義.jpg

講師:中川原育子(名古屋大学 文学研究科)
日時:2010年7月2日(金)13:30〜
場所:絵画棟1階 油画技法材料ゼミナール室

油画技法材料研究室

新彊ウイグル自治区のクチャは古代亀茲国にあたり、東西交易の要衝として、仏教国として大いに栄えた。この地には多くの石窟寺院、地上寺院が造営され、中
でも、キジル石窟は新彊最大規模を誇る石窟寺院として知られる。ラピスラズリの青を多用したその壁画は、宝石のような輝きをもって観るものに迫ってくる。
本講義は、キジル石窟の壁画芸術の世界を、現地調査の成果や近年に研究状況を交え紹介する。