集中講義「藤田嗣治と東京美術学校の距離」 終了しました

林 洋子 集中講義.jpg

H23年度油画技法材料
集中講義「藤田嗣治と東京美術学校の距離」
講師林洋子
日時:10月17日(月)10:00~12:00
場所:東京藝術大学 美術学部 絵画棟5階 演習室
対象:油画科全学生 ※油画技法材料修士1年、油画学部3年必修


林洋子(はやし・ようこ) 1965年京都市生まれ。京都造形芸術大学准教授。東京大学文学部、同大学院、パリ第一大学博士課程修了。東京都現代美術館学芸員を経て現職。専門は美術史、美術評論。藤田関係の著書に、『藤田嗣治 作品をひらく』(名古屋大学出版会、2008)、『藤田嗣治 手しごとの家』(集英社新書、2009)、『藤田嗣治 本のしごと』(同、2011)ほかがある。『藤田嗣治 作品をひらく』で第30回サントリー学芸賞、第26回渋沢・クローデル賞ルイ・ヴィトンジャパン賞ほかを受賞。