集中講義 感覚探検

曽谷集中講義.jpg

講師:曽谷朝絵 氏
日時:2010年11月18日(木)14:00-
場所:絵画棟5階509演習室
対象:油画全学年 ※学部3年生・第6研究室必修
担当教員:坂田哲也

曽谷朝絵 SOYA asae
2006年東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻にて美術博士号を取得。
2002年にVOCA 展にて大賞を、2001 年に昭和シェル美術賞にてグランプリ等を受賞。光と色彩や質感の描写を通じて身体感覚に訴える独自の表現が特徴で、バスタブや飛行場や水滴などを描いた油彩画や、水彩で森を描いた「Air」シリーズを発表し、「日常的な空間と非日常との境界」をテーマに制作している。
近年は「Air」シリーズがブリーゼタワー(サンケイビル/ 大阪)の吹き抜け部分の巨大壁面に使用され、2010年にはソウルのPYO Gallery での個展と、東京のshiseidogallery て色彩が発する音をテーマにした大規模な空間インスタレーションの個展、「鳴る色」の開催や、スパイラル主催のrendez-view projectにて商品開発を行う等、二次元的な絵画表現にとどまらない分野でも活動している。
2007年に東京藝術大学にて、2010年からは女子美術大学にて非常勤講師をつとめる。

発表歴
「こもれび展」水戸芸術館/ 東京、「第一回府中ビエンナーレ」府中市美術館/ 東京、「ART TODAY 2005」セゾン現代美術館/ 長野、「Opening up new horizon」PYO Gallery/ 北京などのグループ展、
「公開制作11/ 感性のレアリスム」府中市美術館/ 東京、「曽谷朝絵展」第一生命南ギャラリー/ 東京、「 prism」西村画廊/ 東京、「鳴る色」Shiseido Gallery/ 東京、などの多数の個展を開催。
2011年にはPYO Gallery/ ソウルにて個展予定。