「伝統と現代」展  終了しました

shosai.jpgのサムネール画像現在の私達の日常は、社会と自己の精神性、グローバル化へと向かう社会構造や閉塞感など深刻な状況に陥っているように思えます。美術の状況もこれを反映して様々な断面が見えてきます。

今展では、アジアの美術の新しい展開を志向するときに、アイデンティティーとしての伝統を内在した現代の表現が、現在の社会と関係した時にいかにして現れるのかを様々なジャンルのドローイング作品を通して問いかけます。
本展は2部構成となっており、第1部は中国中央美術学院潘公凯院長による墨と映像の芸術表現、第2部は本学と中国中央美術学院の教員などによる伝統を現代表現として展開したドローイング約50点による展覧会となっています。

■第1部:「伝統と現代への展開:静水深流」
      -潘公凯の展開-(作品展示)
会期:2011年5月12日(木)〜29日(日)月曜休館
時間:10:00~17:00 (入館は16:30まで)
会場:東京芸術大学大学美術館陳列館1F・2F
入場無料

・シンポジウム「伝統と現代」 
日時:5月12日(木)13:00〜15:00
会場:東京藝術大学美術学部中央棟1階第1講義室

フライヤーダウンロード(PDF)

ドローイング展.jpg■第2部:「伝統・現代・発生」ドローイング展
会期:6月7日(火)〜6月19日(日)月曜休館
時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
会場:東京芸術大学大学美術館陳列館1F・2F
入場無料

オープニングレセプション:6月7日 火 17:30〜
(会場=東京藝術大学美術学部大浦食堂)

■主催:東京藝術大学
■助成:藝大フレンズ賛助金助成事業