取手ARTPATH2009 -そこに山はあるのか-  終了しました

toride.gif

東京芸術大学 美術学部絵画科油画専攻と先端芸術表現科の1年生が連携し、企画、運営する作品展「取手ARTPATH2009 そこに山はあるのか」を開催いたします。
油画専攻と先端芸術表現科の1年生だけでなく、学内有志参加者も含め約170名の学生が出品、約200点の作品が取手校地に集結します。
取手ARTPATH2009  そこに山はあるのか。
会期:
2009年12月3日(木)-6日(日)
開館時間:
10:00~17:00
会場:
東京芸術大学取手校地 〒302-0001茨城県取手市小文間5000

●企画
油画公開講評会
12月5日(土)10:00〜16:00
ゲストアーティスト:開発好明・鴻池朋子
■特別講演会
12 月6日(日)13:00~15:00
ゲスト:宮台真司
■ラウンドテーブル
12月6日(日) 16:00〜18:00
「人は自分を作れるか - ロボット工学からアートまで -」
様々なゲストと学生、芸大の教員が一つのテーブルを囲んで行う公開討論会です。
加藤泉 (アーティスト)
石黒浩 (ロボット工学者/大阪大学教授)
O JUN (アーティスト/東京芸術大学絵画科准教授)
榑沼範久(学者/横浜国立大学准教授/東京芸術大学先端芸術表現科非常勤講師)
斎藤芽生(アーティスト/東京芸術大学絵画科講師)
■アートハイキング
■カフェ・マロリー
■となり座っていいですか?
■サイトシーイングバスカメラ
■アートバス