トップページ      >  展覧会・活動   >  2011

大西博 回顧展 −幻景− 終了しました

onishiF.jpg
大西博 回顧展 −幻景−

会期: 2012年3月20日(火・祝)- 4月8日(日)無休
時間: 10:00 - 17:00
    ※3月20日のみ10:00 - 18:00 
会場:  東京藝術大学大学美術館 陳列館1‚2階
観覧料: 無料

  このたび東京藝術大学油画技法•材料研究室は、2011年3月に他界した大西博を回顧し「大西博 回顧展 −幻景−」を開催いたします。
  大西博は、1987年に東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻を首席で卒業し、1989年同大学大学院美術研究科絵画専攻油画技法•材料第1研究室(佐藤一郎研究室)に進学。大学院修了後はドイツ、ニュールンベルク美術大学(ドロホップ研究室)に留学(1992年-1997年)し、帰国後は本学油画技法•材料研究室の非常勤講師(1998年-2002年)、常勤講師(2002年-2006年)、助教授(2006年-2007年)を経て准教授(2007年-2011年)となり、多くの学生たちの教育指導に携わってきました。
  また、大西博はアフガニスタンで採取される天然のラピスラズリからウルトラマリンブルーの精製方法を研究し、チェンニーノ•チェンニーニの技法書に伝わる精製法を踏まえ、現在世界で一番発色の良い青色を作り出すことに成功しました。その純良な青色顔料は、大西により「本瑠璃(ほんるり)」と名付けられ、ホルベイン社との共同開発のもと販売され、自らの絵画作品にも多く用いていました。
  本展では、卒業制作や修了制作をはじめとする学生時代の作品から、ドイツ留学時代の作品、そして帰国後から近年のラピスラズリを用いた作品まで、その画業である作品約40点により大西博の歩みを回顧いたします。

主催: 東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画技法•材料研究室
協賛: ホルベイン工業株式会社
協力: 明王物産株式会社、奥只見山荘、赤倉温泉香嶽楼、有限会社安斎工芸社
問い合わせ: 東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画技法•材料研究室 050-5525-2160(FAX兼)

↓【関連企画】


  続きを読む
 

第60回東京藝術大学卒業・修了作品展 終了しました

sotsuten2011.jpg
第60回東京藝術大学卒業・修了作品展
会期:2012年1月29日(日)-2月3日(金)
   会期中無休
   9:00-17:00(入場は16:30まで)
会場:学部―大学構内
   大学院―大学美術館・大学構内
主催:東京藝術大学
観覧料:無料
<問い合わせ>
東京藝術大学 美術学部教務係 050-5525-2123
ハローダイヤル 03-5777-8600


  続きを読む
 

Pre-show 2012 TORIDE 終了しました

H23有志展.jpg
Pre-show 2012 TORIDE
会期:2012年1月24日(火)10:00-17:00
観覧料:無料
会場:東京藝術大学 取手校地 専門教育棟1F、3F 油画/壁画研究室
〒302-0001 茨城県取手市小文間5000

今年も、「東京藝術大学 卒業・修了作品展」に先立ち、取手校地に制作アトリエを持つ油画第1研究室、油画第4研究室、壁画第1研究室、壁画第2研究室の修了生にいる有志展を行う運びとなりました。
私たちの制作の場である取手校地は、上野校地に比べアトリエが大きく、独特のゆったりとした制作環境があります。今回の展覧会は、上野校地の修了作品展とはまた違った場所で、作品をゆったりと鑑賞していただける場を設けたい、という思いから日頃使用してきたアトリエスペースを活用し、私たちが自主的に行うものです。在籍する研究室は油画、壁画でありますが、出品者12名の作品はジャンルにとらわれず、絵画、立体、映像、インスタレーション、壁画などななど、多岐に渡ります。是非、出品者それぞれの研究・制作成果をご覧頂きたく思います。自然豊かな環境と引き換えに取手校地は都心から離れており、多少不便かと思いますが、何卒足をお運び頂けたら嬉しく思います。
 

平成23年度 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻学部2年生進級制作展 終了しました

進展DM.jpg
平成23年度 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻
学部2年生進級制作展
会期:2012年1月10日(火)~12日(木)12:00~17:00
13日(金)10:00~17:00
会場:東京藝術大学美術学部 絵画棟5階

 

赤塚裕二 私学研修員 報告展 終了しました

『赤塚裕二 私学研修員 報告展』
詩画集『くりかえしあらわれる火』(木版画)
会期 2012年1月10日(火)~1月13日(金)
         11:00~19:00(最終日17時まで)
場所 東京藝術大学 絵画棟低層部2階  版画廊
[オープニングレセプション] 1月10日(火)17:00~19:00

赤塚祐二
1955年 鹿児島県生まれ 画家、武蔵野美術大学教授 主なグループ展1992年「Art Today'92」セゾン現代美術館,長野/1992-93年現代美術の視点-形象のはざまに」東京国立近代美術館,東京・国立国際美術館,大阪/1994-95年「光と影-うつろいの詩学」広島市現代美術館,広島/1995「視ることのアレゴリー:絵画・彫刻の現在」セゾン美術館, 東京/1997「ART TODAY 1997 OPERA APERTA」セゾン現代美術館, 長野/1999年「第7回富山国際現代美術展[ポーランド・日本]」富山県立近代美術館, 富山/2001年「チバアートナウ'01 絵画の領域」 佐倉市美術館, 千葉/2001-02年「かたちを求めて─11人の日本作家」釜山市立美術館, 釜山/2012年「抽象と形態-何処までも顕われないもの」DIC川村記念美術館,千葉 主な個展コバヤシ画廊、鎌倉画廊、ガレリア フィナルテなど

 

東京藝術大学 大学院美術研究科 博士審査展 終了しました

H23博士審査展DM.jpg
東京藝術大学 大学院美術研究科 博士審査展
会期:2011年12月11日(日)-12月21日(水) 月曜休館
午前10時-午後5時 (入館は午後4時30分まで)
会場:東京藝術大学大学美術館
  美術学部絵画棟1階 Art space 1
観覧料:無料


東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程の最終審査を一般公開いたします。 本展覧会は、博士学位の修得を目指す学生達にとって最終関門であると共に、 大学院在学中の集大成としての作品、研究を発表し、今後、作家・研究者として活動していく上で、 出発点となる展覧会でもあります。

主催:東京藝術大学
問い合わせ:美術学部教務係
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
TEL:050-5525-2122
ハローダイヤル:03-5777-8600

<論文発表会日程一覧>
  続きを読む
 

【SHORT+SHORT】 終了しました

shortshort.jpg
【SHORT+SHORT】
東京藝術大学大学院 
油画技法・材料研究室 修士課程 1年研究発表
会期:A side  2011年12月10日(土)-12月14日(水)
   蓮見 瞳/長谷川 銀/宮本 久義/森 洋史
B side  2011年12月15日(木)-12月19日(月)
   小林 真理子/坂本 菜緒/千村曜子
時間:午前10時-午後7時30分
 (土日・各最終日は午後5時まで)

会場:東京芸術大学 上野校地 美術学部敷地内
   絵画棟1階 Yuga Gallery・立体工房

交通案内:
〔JR〕上野駅/鶯谷駅 下車徒歩10分
〔地下鉄〕銀座線  日比谷線上野駅 下車徒歩15分
     千代田線 根津駅 下車徒歩10分
〔京成電鉄〕京成上野駅 下車徒歩15分 
〔都営バス〕上26系統(亀戸←→上野公園)
      谷中バス亭 下車徒歩約3分
〔台東区循環バス〕東西めぐりん東京芸術大学バス停 下車すぐ

 

「みつめているめ/ひみつめいているめ」全5回  終了しました

しばたみづき 林頌介 藤井健太
「みつめているめ/ひみつめいているめ」.jpg
会場:東京藝術大学美術学部上野校地絵画棟
   (〒110-8714東京都台東区上野公園12-8)
会期:
第01回:2011.06.17.fri.~06.23.thu.
    (休み06.18.sat.~06.19.sun.)
    絵画棟1F YugaGallery
第02回:2011.07.08.fri.~07.14.thu.(土日休)
    絵画棟1F YugaGallery
第03回:2011.10.17.mon.~10.21.fri.
第04回:2011.11.21.mon.~11.25.fri.
第05回:2011.12.12.mon.~12.16.fri. 
    絵画棟 Art space 2

出展者:しばたみづき
    林頌介
    藤井健太

東京藝術大学油画第2研究室に所属する、
しばたみづき、林頌介、藤井健太の3名による月1回ペースの展覧会。
6月から12月までの期間で全5回開催します。3名による実践と考察の過程、ぜひご高覧下さい。

油画第2研究室WEB PAGE: silent-scene.org
 

東京藝術大学取手校地ARTPATH2011「こころゆれる」  終了しました

ap_2011.jpg
東京藝術大学取手校地ARTPATH2011「こころゆれる」
会期:2011年12月2日(金)- 12月4日(日)
開場時間:10:00~17:00
会場:東京藝術大学取手校舎
観覧料:無料
主催:東京藝術大学取手校地ARTPATH2011実行委員会

「取手ARTPATH2011」は東京藝術大学絵画科油画専攻と先端芸術表現科の学部一年生84人が、企画・運営の中心となり学年末の集大成として、約200点の作品を展示します。

 "東京藝術大学取手校地ARTPATH2011こころゆれる"は「芸術に何が出来るか」という問いかけから始まりました。震災が起こり、私たちの日常は突然揺らされてしまいました。
 しかし意識してみると、私たちは今までも日々揺れていたのではないでしょうか。喜ぶこと、悲しむこと、迷うこと、そして感動すること。「芸術に何が出来るのか」という問いに私たちARTPATH2011実行委員会が出した答えは『自分の内側を揺らし、さらには相手の内側を揺らす』ということでした。
 ゆれるというキーワードは今の社会状況とともに、今制作に向かう私たちの立ち位置と姿勢を表す言葉だと言えます。
 今年だからこそ「内側のゆれ」に着目して、心が揺れるような展覧会を目指します。

公式HP:http://www.geidai.ac.jp/event/torideartpath2011/ 



 

油絵茶屋再現  終了しました

GTS観光アートプロジェクト 隅田川Art Bridge2011展
293668_173103582774301_100002239818082_336795_1348116635_n.jpg
油絵茶屋再現

日時:2011年 10月15日(土)〜11月15日(火)9:00~16:30
場所:浅草寺境内  ※入場無料
 
小沢剛+油絵茶屋再現実行委員:
小沢剛[絵画科油画非常勤講師]
[制作メンバー]岡田悠梨乃、染谷浩司、高城ちひろ、福田聖子、森本愛子、菅亮平、木下拓也、小山真徳、高橋涼太、小池真奈美、土師広、吉田佳寿美、青木智子、矢部正憲

日本で初めて行われた油絵の展覧会を再現!日本で初めて行われた油絵の展覧会会場は、浅草寺の境内に現れた見世物小屋だったことをご存じですか? その当時の浅草は、日本で最も活気に満ちた新しい文化を発祥する活気ある場であったといいます。残念ながら当時の絵は残ってはいませんが、わずかに残る資料をもとに徹底検証し、小屋もろとも再現してみました。さて、時は明治7年、美術という言葉が作られた翌年の展覧会、まだ日本画という言葉も無い時代の最先端の絵画をご堪能あれ。 
 
 
主催:GTS(藝大・台東・墨田)観光アートプロジェクト実行委員会
協力:浅草観光連盟、浅草寺、EXPO、株式会社ボール、東京藝術大学大学美術館、神奈川県立歴史博物館、横浜美術館、吉徳資料館
協賛:株式会社吉徳
 
お問い合せ:GTS観光アートプロジェクト事務局
〒110-0004 東京都台東区下谷1-12-8 旧坂本小学校2階
03-3843-8441(代) fax:03-3843-8443  gtssap.info@gmail.com
 

隅田川新名所物語 2011 展  終了しました

「GTS観光アートプロジェクト 隅田川Art Bridge2011 展
poster_shinmeisho2011.jpg
隅田川新名所物語 2011 展

2011年11 月7日(月) ̶ 11月13日(日)
[会場]隅田公園リバーサイドギャラリー
[時間] 10:00 ̶17:00 最終入場 16:30  入場無料
[住所] 台東区花川戸1-1 隅田公園地下
[出品者によるアーティストトーク] 2011年11月9日(水)、11月12日(土)、11月13日(日)
各日とも 10:30 ̶12:00 13:30 ̶15:00

[出品者]
O JUN、斎藤典彦、齋藤芽生、岩澤 慶典、菊池 絵子、北岡 竜行、佐貫 巧、藤原 洋人、吉田 潤、吉浜 岳史、青木 健嗣、浅井 保宏、アメリア・マチルダ・フランク・ムニョス、有賀 慎吾、飯山 由貴、石井 早帆、大庭 三奈、岡部 智子、小左誠一郎、柿崎 彩美、北浦 果奈、栗田 知佳、呉 梨沙、佐々木 美穂子、シェリー・ゼイン・キム、高田 冬彦、多嘉良 光理、田中 健吾、出口 雄樹、冨中 友恵、友清 ちさと、友田 恵梨子、藤井 健太、藤森 詔子、星野 歩、細田 麻里奈、本山 智香子、山城 有未、王 木易

[カタログ制作] 藤崎 圭一郎、阿部 文香、志田 成美、大久保 里美
[企画] O JUN、斎藤 典彦、齋藤 芽生、佐藤 道信、木津 文哉 
[運営] 西村 雄輔、大竹 寛子、西尾 真名、他 
[協力] 木下 直之(美術史家・東京大学大学院教授)、小沢 剛(アーティスト・絵画科油画非常勤講師)
[撮影] 加藤 健、村上友重、宇津木 健司

隅田川を挟んだ台東区・墨田区は歴史の逸話に溢れ、様々な絵画や文学の舞台にもなった地域です。江戸時代の『名所図絵』から着想されたこのプロジェクト。時代を超え、現代に生きる芸大生が隅田川界隈の歴史を調べ、自分の足で歩いて、新たなこの地域の「名所」を見つけます。東京スカイツリー®や浅草地区など既に観光名所として有名なこの地域の隠された魅力を発見しながら作品を創り、作品に触れた人々がまた新たな視点を持って町歩きを楽しめることを目指します。40名超の芸大生が絵画、立体、インスタレーション、映像など多様なメディアによる作品で展覧会を作り、また、展覧会で配布する小型のカタログは観光のガイドブックとしても持ち歩けるような工夫が凝らされています。

 

東京藝術大学油画専攻 版画3年生展  終了しました

hannga .jpg
日時:2011年11月7日(月)~11日(金) 10:00~17:00
場所:上野校地絵画棟1階 Yuga gallery、立体工房
出展者:池田奈央/大畠智佳/岡本聡子/シェリー・ゼイン・キム/染谷浩司/濱野絵美/原加奈子/松井久美/山形一生/横山麻衣/渡部智子/王木易

※同時開催:
【版画集展 2011】
場所:絵画棟底層部2階 版画廊
 

記憶の森  終了しました

記憶.jpg
「GTS観光アートプロジェクト
 隅田川Art Bridge2011 展
記憶の森

日時:2011年11月3日(木・祝)・5日(土)・6日(日) 
   17:30~20:00
場所:墨田区 牛嶋神社、隅田公園 ※入場無料



■インスタレーション

池田嘉人[絵画科油画非常勤講師]、三好大輔[デザイン科非常勤講師]
林千歩、大絵晃世、稲田禎洋、Oh!NIGINIGIS(山田孟、河野元、小津航)杉原まり子、佐久間萌香
ワークショップ
キムハケン、仲本有里、宮崎しずか、広安正敬

■アニメーション上映プログラム
企画
布山タルト[映像研究科准教授]、村上寛光[映像研究科助教]
山村浩二[映像研究科教授]、伊藤有壱[映像研究科教授]、奥田昌輝[映像研究科OB]
学生:飯田千里、池亜佐美、今林由佳、臼井聡美、岡本将徳、唐澤和也、胡嫄嫄、薩摩浩子、
告畑綾、吉田まほ


■ワークショップ
「東京スカイツリーでアニメーション!」
東京スカイルチーを背景に、制作者と一般参加者とでいっしょにアニメーションを作るワークショップ。人間やその他対象物をコマ撮りする"ピクシレーション"という手法を用い、2日間にわたり隅田公園で様々な映像を撮影し、完成映像を牛島神社で上映します。
11月5日(土)、6日(日)12:00〜15:00
隅田公園広場 参加無料
※雨天時は中止になる場合があります。
キムハケン、仲本有里、宮崎しずか、広安正敬
 

下町で発生した見世物、エスプリ展 終了しました

エスプリ.jpg
「GTS観光アートプロジェクト
 隅田川Art Bridge2011 展
下町で発生した見世物、エスプリ展


A
日時:2011年10月23日(日)〜10月29日(土)
   10:30~17:00(23日は17:00~21:00)
場所:すみだリバーサイドギャラリー
(墨田区吾妻橋1-23-20)
保科豊巳、坂口寛敏、Russell Craig、Jo D' Hage、
Preuss Tatjana 、James Jack、Jak Peters、
安藤孝浩、武藤亜希子、太田祐司、池田拓馬、
赤坂有芽、中井章人

B
日時:2011年10月25日(火)~10月29日(土)
   10:00~17:00
場所:すみだリバーサイドホール1F会議室※すみだリバーサイドホールギャラリーに併設
宇野あずさ、坂井孝祥、佐々木成美、鈴木葉月、
瀬川祐美子、高橋里花、竹久万里子、東條陽太、
春木聡、盛田亜耶、吉川浩平


主催:GTS(藝大・台東・墨田)観光アートプロジェクト実行委員会
協力:遊工房アートスペース

美術の発生においては様々なプロセスが有ります。かつて幕末から明治にかけてのの浅草下町界隈では「見世物」といった今でいうところの大道芸や芸能、芝居、奇術、美術館、動物
園、おばけ屋敷などの要素を含んだ庶民の好奇心を刺激するものを生み出していて、きっと「街」そのものが想像、創造のるつぼであったと思われます。それら大衆娯楽の流行した様子は浮世絵や絵画にも題材となって多く描かれていました。このような下町で生まれた文化の背景や地域性、風土、気質などは、今現在の美術の状況にもつよく刺激を与えると考えます。
 この企画展では、日常の生活や下町の一つの場所や出来事に触れ、その中に内包されるユーモアや、意外な視点の迷宮、手作り、遊び、対話、エスプリなどから派生した作品を一同に介し、一つの「見世物」としてエンターテイメント性を帯びた創造のプロセスをみせる展示を試みます。
※エスプリ/Esprit(仏)=精神、精髄、機知、才気などの意
 

絵画思考 -油画現職教員展- 2011 終了しました

絵画思考2011_web.jpg
「絵画思考 -油画現職教員展- 2011」
会期:10月13日(火)~10月30日(日)
休業日:17日(月)・24日(月)
時間:10:00~18:00
場所:東京藝術大学 藝大アートプラザ

出品者:小林正人、坂口寛敏、齋藤芽生、保科豊巳、
O JUN、東谷武美、三井田盛一郎、中村政人、
佐藤一郎、安藤孝浩、池田嘉人、小沢剛、作田富幸、
阿部大介、三浦高宏、西村雄輔、正木浩司、
諸橋建太郎、荻野夕奈、佐貫巧、鳴海暢平、岩澤慶典、
菊池絵子、吉浜岳史、宮寺雷太、吉田潤、大坂秩加、
藤林悠、鈴村敦夫、佐藤央育、木下拓也、浅野桃子

このたび東京藝術大学絵画科油画研究室は、「絵画思考 -油画現職教員展- 2011」を開催致します。
現在、油画研究室、版画研究室、壁画研究室、油画技法・材料研究室において教育研究活動を行うと同時に作家として広く活動しております32名が出品致します。
2回目となる本展は、油画現職教員による企画展覧会であり、また販売も行う稀な小品展です。大作においては見えにくい、作品に至る発想から推考の過程が小品という形のなかに凝縮され、多彩な表現がご覧頂けます。学生と共に学び真摯に制作している作家達の、そして油画の現在を身近に感じて頂ける本展を、是非この機会にご高覧下さい。


 

NEWS 2011 終了しました

NEWS2011 web.jpg
東京藝術大学油画新任スタッフ展
会期:9月26日(月)~9月30日(金)
時間:10:00~16:30
場所:東京藝術大学上野キャンパス音楽学部 学生会館2F 展示室

オープニングパーティー
9月26日(月)17:00~19:00


<非常勤講師>
池田嘉人 / 野口玲一 / 阿部大介 / 三浦高宏 
<助教>
西村雄輔
<教育研究助手>
諸橋建太郎 / 佐貫巧  / 岩澤慶典 / 大坂秩加 
藤林悠 / 鈴村敦夫 / 木下拓也



  続きを読む
 

トークセッション「見世」る芸術 ~江戸パフォーミングアートから現代美術まで
小沢剛×木下直之×齋藤芽生×佐藤道信 終了しました

00.jpg
GTS観光アートプロジェクト 隅田川Art Bridge2011展
「隅田川新名所物語2011」×アートサイトクルージング「油絵見世物小屋」合同企画
トークセッション「見世」る芸術 
~江戸パフォーミングアートから現代美術まで
小沢剛×木下直之×齋藤芽生×佐藤道信


日時:2011年 9月7日(水)15:00~17:00
場所:東京藝術大学上野校地 美術学部中央棟1階 第1講義室

歴史の時空を縦横無尽に駆け巡るアーティスト・小沢剛。時代の陰影に潜む欲望の徒花を描き込む画家・齋藤芽生。そして、芸術の背後に蠢いた「芸術ならざる文化」を鋭く抉る木下直之、日本近現代の美術史の断層を鮮やかに語り解く佐藤道信の、二人の美術史家。
明治初年頃の浅草や上野に出没した『油絵茶屋』とは一体何か? 江戸の絵師は超一級のパフォーマーだった?かつてこの上野の山から望んだ文化の様相はどんな感じだったんだろう?
今、私達の知っている「芸術」への認識では考えもつかないような近代国家日本・草創期の文化の様子を通して、現代の表現者すべてにむけて問題提起します。
 

「四郎かマチルダ」展  − 東京芸大 油画第7(O JUN) 研 番外展  終了しました


shiroukamatilde.jpg
会期: ※本展は下記の4部構成となります。
【1】 2011年8月18日(木)〜 8月23日(火)終了しました
【2】 2011年8月25日(木)〜 8月30日(火)終了しました
【3】 2011年9月1日(木)〜 9月6日(火)終了しました
【4】 2011年9月8日(木)〜 9月13日(火) 開催中

 時間:月曜〜金曜 15:00〜22:00 
    土曜・日曜 13:00〜22:00
   ※ 水曜日定休
   ※ 9月9日(金)は開廊時間が18時までとなります。

 会場:現代HEIGHTS  Gallery Den & .ST
 住所:〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-36
 電話・FAX:03-3469-1659

◆ 参加作家:※『』はゲストアーティスト
【1】 Amelia Matilde Frank、菊池 絵子、『箱嶋 泰美』
【2】 小林 裕子、高橋 麻子(※高:旧漢字)、『佐藤 克久』
【3】 佐々木 美穂子、『戸川 英夫』、『宮嶋 葉一』
【4】 小左 誠一郎、『齋藤 春佳』
計11名

 

谷川岳高山植物図鑑パネル展示会   終了しました

谷川岳高山植物図鑑.jpg
谷川岳高山植物図鑑パネル展示会

会期:2011年7月15日(金)~8月25日(木)
場所:上野駅Breakステーションギャラリー

  続きを読む
 

敦煌壁画の絵画技術 ―バーミヤンからキジルを経て敦煌へ― 終了しました

中国文化センター主催
中国文化講座「敦煌壁画の絵画技術――バーミヤンからキジルを経て敦煌へ―」
講師:東京藝術大学教授 佐藤一郎先生
日時;2011年8月24日(水)15:00〜17:00
会場:東京中国文化センター
   東京都港区虎ノ門3-5-1 37森ビル1F
   http://tokyo.cccweb.org/jp/
定員:60名(先着順)
参加費料:無料

※申し込み方法
申込者氏名、所属先、電話番号、メールアドレスを明記の上、メールまたはFAXにてお申し込みください。
FAX:03-6402-8169
メールアドレス:ccctok@hotmail.com
問い合わせ TEL:03-6402-8168
TEL申し込み締め切り8月17日(水)
 

MITSUKOSHI×東京藝術大学「夏の藝術祭 - 次代を担う若手作家作品展」 終了しました

名称未設定.jpg
会期:8月10日(水)~16日(火)
時間:10:00〜17:00(最終日は午後4時閉場)
場所:日本橋三越本店 本館6階 特選画廊/美術サロン/工芸サロン/アートスクエア

・開催記念シンポジウム
8月10日(水)午後1時~ 同会場にて
東京藝術大学 美術学部長 池田政治先生、絵画科日本画教授 手塚 雄二先生、工芸科彫金教授
飯野一朗先生、先端芸術表現科教授 日比野克彦先生
※出演者、時間、内容等変更の場合もございますので、予めご了承ください。

  続きを読む
 

日本橋髙島屋 東京藝術大学油画教員展 サマーショー   終了しました

takashimaya.jpg
会期:2011年8月10日(水)〜16日(火)
時間:10:00〜20:00(最終日16:00まで)
場所:日本橋髙島屋6階 美術画廊
住所:〒103-8265
   東京都中央区日本橋2-4-1 

小林正人 坂口寛敏 保科豊巳 O JUN
東谷武美 三井田盛一郎 佐藤一郎
池田嘉人 安藤孝浩 阿部大介 作田富幸
三浦高宏 西村雄輔 浅野桃子正木浩司 
諸橋建太郎 荻野夕奈 佐貫巧 鳴海暢平
岩澤慶典 菊池絵子 大坂秩加 吉浜岳史
宮寺雷太 吉田潤 藤林悠 鈴村敦夫 
佐藤央育 木下拓也
 

H23年度 上野芸友賞展   終了しました

野芸友賞展.jpg
平成22年度上野芸友賞受賞者による展示
会期:2011年 7月19日(火)〜22日(金)
時間:10:00〜17:00
場所:東京藝術大学美術学部絵画棟1階
   YUGA GALLERY,立体工房
住所:〒110-8741 東京都台東区上野公園12-8
   JR上野駅 公園口より徒歩10分
   銀座線・日比谷線 上野駅より徒歩15分
   千代田線 根津駅より徒歩10分

出展者:
高原 悠子
田中 俊
中井 章人
 

「太郎かアリス」展 vol.2
東京藝術大学 大学院 美術研究科 絵画専攻 油画第7(O JUN) 研究室展   終了しました

taroalice-outlined.jpg
会期:2011年7月9日(土)〜7月15日(金)※7月10日(日)休廊
時間:11:00〜19:00

会場:TURNER GALLERY
住所:〒171-0052 東京都豊島区南長崎6-1-3 ターナー色彩株式会社 東京支店
   ターナーギャラリー 1F、3F、4F
電話:03-3953-5155
ファクス:03-3953-5153
webサイト:http://www.turner.co.jp/gallery/

参加作家(H23年度油画第7研究室在籍学生、担当助手、担当教員):
小林 裕子、佐々木 美穂子、瀬尾 なつみ、平山 由委、山口 真和、和田 百合子、高橋 麻子(※高:旧漢字)、Amelia Matilde Frank、小左 誠一郎、菊池 絵子、O JUN 

 

東京藝術大学 油画第二研究室 展 「エゾ菊」   終了しました

20110629_2255319-1.jpg
会期:2011年7月11日(月)~ 7月15日(金)
時間:12:00 - 16:30(最終日は15:00まで)
場所:東京藝術大学 美術学部絵画棟1F  Art space 1,2(1F,中2F)
   〒110-8714 東京藝術大学上野公園12-8

ゲスト講評
2011年7月14日(木)15:00~ 
ゲスト:藪前知子(東京都現代美術館学芸員)

出展者:
イムユンス(Lim Yoonsoo)
大舘佐知子(Odachi Sachiko)
大橋文男(Ohashi Fumio)
串田千晶(Kushida Chiaki)
しばたみづき(Shibata Mizuki)
中島健(Nakashima Takeshi)
中村土光(Nakamura Doko)
林頌介(Hayashi Kohsuke)
藤井健太(Fujii Kenta)
BARBARA DARLINg
 

H23年度 安宅賞展   終了しました

h23安宅賞.jpg
平成22年度「安宅賞奨学基金」受賞者3名による展示
会期:2011年6月27日(月)〜7月1日(金)
時間:10:00 〜 17:00
場所:東京藝術大学美術学部絵画棟1階 
   Yuga Gallery・立体工房
住所:〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8 

出展者:
美術学部絵画科油画専攻3年
黒木 裕太
染谷 浩司
王 木易

  続きを読む
 

「その人までの遠近法−30組の二人展」  終了しました

「その人までの遠近法-30組の二人展」.jpg
「その人までの遠近法-30組の二人展」
-自身の制作を通して興味ある表現や作家を探る。同時に"あなた"は誰か!?と、問う"私"の提示。

会期:6月23日(木)12:00~17:00
   6月24日(金)12:00~15:00
場所:東京藝術大学美術学部絵画棟
   1F Artspace1・2/5F 503、507、508アトリエ
担当教員:O JUN

※本展覧会はH23年度油画学部2年生選択カリキュラムNo.1(講評を含む)です
 

「伝統と現代」展  終了しました

shosai.jpgのサムネール画像現在の私達の日常は、社会と自己の精神性、グローバル化へと向かう社会構造や閉塞感など深刻な状況に陥っているように思えます。美術の状況もこれを反映して様々な断面が見えてきます。
今展では、アジアの美術の新しい展開を志向するときに、アイデンティティーとしての伝統を内在した現代の表現が、現在の社会と関係した時にいかにして現れるのかを様々なジャンルのドローイング作品を通して問いかけます。
本展は2部構成となっており、第1部は中国中央美術学院潘公凯院長による墨と映像の芸術表現、第2部は本学と中国中央美術学院の教員などによる伝統を現代表現として展開したドローイング約50点による展覧会となっています。

■第1部:「伝統と現代への展開:静水深流」
      -潘公凯の展開-(作品展示)
会期:2011年5月12日(木)〜29日(日)月曜休館
時間:10:00~17:00 (入館は16:30まで)
会場:東京芸術大学大学美術館陳列館1F・2F
入場無料

・シンポジウム「伝統と現代」 
日時:5月12日(木)13:00〜15:00
会場:東京藝術大学美術学部中央棟1階第1講義室

フライヤーダウンロード(PDF)



ドローイング展.jpg■第2部:「伝統・現代・発生」ドローイング展
会期:6月7日(火)〜6月19日(日)月曜休館
時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
会場:東京芸術大学大学美術館陳列館1F・2F
入場無料
オープニングレセプション:6月7日 火 17:30〜
(会場=東京藝術大学美術学部大浦食堂)


■主催:東京藝術大学
■助成:藝大フレンズ賛助金助成事業

 

シンポジウム  終了しました

symposium.jpg
「現代美術の東洋的なるものや伝統について」
--美術における伝統的な要素を現代芸術の中でどのように展開すべきか、考えるべきか--

基調講演:潘公凱(中央美術学院院長)
パネラー:潘公凱(中央美術学院院長)
     彭峰(北京大学教授)
     佐藤道信(東京藝術大学教授)
     松井みどり(美術評論家)
司  会:保科豊巳(東京藝術大学教授)

日時:5月12日(木)午後1時00分―午後3時00分

会場:東京藝術大学美術学部中央棟第1講義室
 

久米賞展 2011  終了しました

kume2011F.jpg
会期:2011年5月9日(月)〜5月13日(金)
時間:9:00~17:00
主催:東京藝術大学美術学部油画研究室
場所:絵画棟1F 
   yuga gallery、立体工房、立体工房 中2F
■出展者
岡田 朋子
仲間 桂太
野澤 聖
本山 智香子