トップページ      >  展覧会・活動   >  2008

櫃田伸也:通り過ぎた風景  Nobuya Hitsuda : Scenes Passed by 」の出版について

20081111_01.jpg
初の本格的作品集が発売!

「櫃田伸也:通り過ぎた風景  Nobuya Hitsuda : Scenes Passed by 」
初期からの代表作約100点を収録。ドローイングやイメージソースを多数織り込み、
『壁』『地面』『斜線』『山』『家』『広場』といったキーワードに従って、絵の全展開を紹介。
画家の驚くべき緻密で自由な発想のプロセスをたどります。

東京藝術大学出版会刊/2008年11月初旬発売予定/A4変形/160頁/全カラー
3,150 円(本体 3,000 円)/デザイン:山本 誠 / 978-4-904049-05-1

東京藝術大学出版会
前身である東京美術学校、東京音楽校の創立から121年間、我が国の芸術分野の教育研究を牽引してきた
東京藝術大学に。現役芸術家たちの研究結果を発表するための出版組織『東京藝術大学出版会』が設置されました。
本出版会は、芸術・学術関連図書類、教科書及び啓蒙書の刊行・配布を主たる事業として行い、本学の研究とその成果を発表するとともに、芸術・学術・教育・文化の振興・発展に寄与する事を目的とします。

東京藝術大学出版会

〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
TEL:050-5525-2026
FAX:050-5525-2479
E-mail:toiawase@ml.geidai.ac.jp
http://www.geidai.ac.jp/facilities/press/index.html
 

退任記念 櫃田伸也:通り過ぎた風景展  終了しました

hitsuda.jpg
退任記念
櫃田伸也:通り過ぎた風景展
会期: 2008年11月11日(火)-11月24日(月・祝)
月曜日休館 [ただし11月24日(月・祝)は開館]
午前10時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
※11月13日(木)は午前10時~午後7時まで開館します。
会場: 東京藝術大学大学美術館 展示室3,4 (3階展示室)
 1960年代から独創的な風景画を描き続けてきた、画家・櫃田伸也。 戦後の原っぱを原風景にして、身の回りの景色に触発されて生み出される彼の作品は 移り変わる車窓の風景のように、時代とともに劇的に展開してきました。
 線と色彩とでソリッドに描かれた初期の作風は、パズルを思わせる解体と再構築を繰り返しながら、 近年では山や水辺、家といったモチーフが加わって、より空想的で軽やかな景色へと変貌を遂げています。
 フラットでありながら不思議な奥行きと浮遊感をもつ櫃田の絵は、現代の感覚を体現する、 新たな風景画の境地を切り開くものです。
 そして同時に、空地や川縁で遊んだ子供時代の記憶を喚起する、懐かしい風景の遊びへと観る者を誘います。
 櫃田伸也は、愛知県立芸術大学、東京藝術大学絵画科油画専攻で教鞭をとり、数多くの若い才能を育て、 世に送り出してきた、よき教育者でもあります。退任を記念する本回顧展では、代表作約30点により、 そのユニークな制作の変遷を紹介します。

観覧料: 無料
主催: 東京藝術大学美術学部・東京藝術大学大学美術館