トップページ      >  カリキュラム

カリキュラム

基礎課程【 絵画の基礎・可能性 】
  • 学部1年
    • 学部1年次は取手校地で創作研究を進めることとなり、絵画造形全般の基礎としての「ドローイング」を通年の共通課題として中心に据えながら、絵画の基礎的要素(イメージ・物質・行為・環境)を提示した基礎実技指導を行っています。また、フレスコ、モザイク、ステンドグラス、テンペラなど油画の成立以前の絵画材料と絵画技術に取り組み、絵画の発生から展開に係わる基本を学びます。後期には創作研究発表を展覧会形式で行うと同時に、企画運営の実践的教育も行っています。取手校地には、絵画材料工房、石材工房、版画工房、写真工房など多くの工房が開設されており、工房設置講座による専門性の高い実習・理論を取り入れた基礎専門教育を通して、様々なメディアと絵画表現の関わりと可能性を学ぶ環境を整えています。
      H23下地実習3.jpg

      □共通カリキュラムNo.1〜2
      □選択カリキュラムNo.1〜5
      □支持体地塗り実習
      □創作研究旅行
      □創作研究・創作展示
      □アートパス
      □全教員批評会
      □ポートフォリオ制作・レポート作成


  • 学部2年
    • 学部2年次は校舎を上野校地に移し、1年次で学んだ絵画の基礎的要素の更なる可能性を探っていきます。通年、様々な選択カリキュラムが開設され、学年末には基礎課程の最後として、制作と展示を「進級展」として一般公開を行い、全教員が審査をし、合格したものが3年次からの「専門課程」へと進むことになります。
      2013p2年生講評風景.jpg


      □共通カリキュラム
      □久米賞受賞者展示
      □選択カリキュラムNo.1〜6
      □創作研究・進級制作
      □進級制作展
      □全教員批評会
      □ポートフォリオ制作・レポート作成



専門課程【 表現の展開・独自性-卒業制作 】
  • 学部3年
    • 専門課程においては、学生個々の自主的な創作研究が中心となり、基礎課程をふまえ、自己の表現の内容とその表現手段を展開し深化させる専門実技指導を行っています。学部3年次には、2週間にわたる奈良・京都を中心にした古美術研究旅行が設けられ、障壁画などの絵画作品、建築、彫刻、さらに庭園などの環境的なものを含む古典芸術と出会うことで、新たな自己を発見する機会が設けられます。
      H23古美研2-2_ty_50shuku.jpg
      □古美術研究旅行
      □現代美術
      □創作研究
      □安宅賞受賞者展示
      □全教員批評会
      □ポートフォリオ制作・レポート作成
      □版画カリキュラム ※学部3年次より版画カリキュラムを選択出来ます。



  • 学部4年
    • このように、古典から現代にまで続く芸術表現の多様性に応じて、学生が自己の資質を発見し、独自の表現とその表現手段を発見し深化させていく過程が、基本的な学部の4年間です。その成果として「卒業制作」があり、その作品制作に4年次の1年間が与えられています。
      2013p4年生講評風景.jpg

      □創作研究
      □上野芸友賞受賞者展示
      □卒業制作・自画像制作
      □全教員批評会
      □卒業制作講評会



大学院教育研究
  • 修士課程油画/版画/壁画/油画技法・材料
    • 修士課程は自己の表現領域において更に専門的に創作研究を行い、社会に対応する独創性豊かな人材を育成するため、各担当教員の徹底した個別指導のもと独自性を尊重した教育が行われています。各研究室では、それぞれ教員と学生の緊密なコミュニケーションが前提となる、主体的な研究・指導が行われています。同時に、複数の研究室による共同企画や合同授業によって横断的な連携指導も行われています。また、他分野の専門領域の理解を深め、表現内容とその表現手段を、社会と対応する美術表現に結びつける方法を修得するために、学外から数多くのアーティスト、キュレーターや評論家を招き、多角的な側面からの集中講義も開設されています。
  • 博士後期課程 研究領域特別研究指導
    • 博士後期課程においては博士学位取得を前提とし、制作、理論双方を担当教員とそれをサポートする数名の担当教員によって、より高度で総合的複合的なグループ指導が行われます。さらには協定校との交換留学や共同プロジェクトにより国際的美術活動を展開し自己の創作研究活動を社会に向けて発信できる専門家育成のための指導を行っています。
その他
  • 国際交流
    • 留学生の派遣 -国際的なアーティストを目指すために、チャレンジする。

      中島3_ty.jpg 修士課程は自己の表現領域において更に専門的に創作研究を行い、社会に対応する独創性豊かな人材を育成するため、各担当教員の徹底した個別指導のもと独自性を尊重した教育が行われています。各研究室では、それぞれ教員と学生の緊密なコミュニケーションが前提となる、主体的な研究・指導が行われています。同時に、複数の研究室による共同企画や合同授業によって横断的な連携指導も行われています。また、他分野の専門領域の理解を深め、表現内容とその表現手段を、社会と対応する美術表現に結びつける方法を修得するために、学外から数多くのアーティスト、キュレーターや評論家を招き、多角的な側面からの集中講義も開設されています。

      中国:中央美術学院
         清華大学美術学院
         中国美術学院
      韓国:ソウル大学校美術大学
         韓国芸術総合学校
         大邸大学校造形芸術大学
         韓国伝統文化学
      台湾:国立台南芸術大学(※大学院のみ)
         国立台湾芸術大学
         国立台北芸術大学
      シンガポール:ラサール・シア美術大学
      オーストラリア:シドニー大学(※大学院のみ)
              グリフィス大学
      イギイス:ユニバーシティ・カレッジ・フォー・ザ・クリエイティブ・アーツ(※大学院のみ)
           ロンドン芸術大学(※大学院のみ)
           ロイヤルアカデミースクール(※大学院のみ)
      ドイツ:ワイマール・バウハウス大学
          ハレ・ブルグ・ギービヒェンシュタイン芸術大学
          シュトゥトガルト美術大学
      フランス:パリ国立高等美術学校(※大学院のみ)(※絵画、彫刻、メディアアートのみ)
           ナント芸術大学
      オーストリア:ウィーン応用芸術大学(※大学院のみ)
      ポーランド:ブロツワフ美術大学(※大学院のみ)
      トルコ:アナドール大学、ミマール・シナン美術大学


      留学生の受け入れ -互いの文化を知り、意識を深める。

      _DSC4425_ty.jpg 国際性と大学院教育の高度化、国際交流を促進するために、留学生受け入れと在学生の派遣の拡大を積極的に推進しています。これまでに韓国、中国、タイ、インド、パキスタン等のアジア諸国をはじめフランス、ドイツ、オーストリア、アメリカ、カナダ、オーストラリア等、多数の留学生が在籍し、様々な国の表現活動によるコミュニケーションが行われています。
  • 社会連携
    • 地域と新たな関係、新しい形のコミュニケーションを。

      H_oboroke.jpgのサムネール画像 大学院では、研究室中心の個別な研究活動が行われてきましたが、現在、現代の芸術の状況とリンクしながら、芸術の国際コミュニケーション、社会との関係性、表現の多様性、地域への貢献・活性化など、大学の枠組みを越えたプロジェクト型の研究表現活動を展開しています。複合的な芸術分野のアートプロジェクトにも展開し、地域における新しい形の芸術コミュニケーションの創出に寄与しています。

  • その後の進路
    • 油画の創作実習から将来につなげる。

      個展、公募展、社会活動等で自作品を発表し、作家活動を開始する者をはじめとして、小・中・高等学校や国内外の芸術・美術・教育系の大学の教員、また、美術系予備校、専門学校などの講師に採用される者も多くいます。近年では、美術館のキュレーターや、ゲーム・画像コンテンツ作成などメディア系企業への就職も増加しています。また、国費留学生や私費留学生として海外へ留学する者も多数います。