トップページ      >  油画講義   >  2011

絵画創作概論

【水曜5限/前期/2単位/美術学部開設科目/美術 併設/交流】
油画の創作の基礎となる「絵画」「表現」についての授業を、油画教員の実際の制作に即して各教員の考 えや作品を紹介しながら、開講科目のなかで毎年続けて実施する。そのことにより、油画の創作における、 表現の展開、実験的な例、ドローイングから制作までのプロセス等、そこでの思考や活動の変遷を示し、 油画専攻の創作の基礎(ベース)となる考え方を、油画の学生だけではなく、広く他科の学生にも受講することが出来る機会を設けることを目的とする。

  続きを読む
 

集中講義「L.A.ストーリー/東京物語:ある展覧会史」 終了しました

20120111_1772947.jpg.png
「L.A.ストーリー/東京物語:ある展覧会史」/"LA/Tokyo Story: An Exhibition History"

講師:ガブリエル・リッター 氏/Gabriel Ritter
同時通訳:奥村雄樹 氏/Yuki Okumura
日時:2012年1月13日(金曜日)18:00ー19:30
場所 :東京藝術大学 上野校地 美術学部 中央棟第二講義室
対象:壁画第一研究室学生必修、油画全学年、及び全専攻学生
担当教員:中村政人
担当助手:藤林悠

ガブリエル・リッター略歴:
ガブリエル・リッター 1980年生まれ。アジアの近代・現代美術を専門とするインディペンデント・ キュレーター/美術史家。
UCLAにて修士(美術史)を取得、現在は同校の 博士課程(日本美術史)に在学中。
企画を担当した展覧会に「Sculpture by Other Means」(ONE AND J. Gallery/ソウル/2012)、「In Focus: The Humorous - Recent Video Art from Israel, Japan and Mexico」(REDCAT /ロサンゼルス/2011)、「Tokyo Nonsense」(SCION Installation L.A./ロサンゼルス/2008)「Out of the Ordinary: New Video from Japan」(ロサンゼルス現代美術館/2007)などがある。会田誠や田中功起 の作品集に寄稿するなど、執筆活動も展開。現在は東京に在住し、国際交流 基金のフェローとして東京国立近代美術館で研究を進めている。
 

集中講義『写真家・中野正貴 ー 無人の雑踏 』 終了しました

e0066861_17238.jpg
日時:2012年 1月10日(火)15:30~18:00(15:00開場)
場所:東京藝術大学上野校地 美術学部 中央棟一階第二講義室
対象:油画専攻全学年/油画第4研究室学生必修
講師:中野 正貴氏(写真家)
担当教員:齋藤 芽生
担当助手:佐貫 巧

「無人の光景のなかに人の体温を感じさせ、影の底から光を望み、渇きの中に湿度を感じさせる。
相反する都市の要素をどのように捉えてきたのか.....」
ベストセラー『TOKYO NOBODY』で知られ、
『東京窓景』で第30回木村伊兵衛写真賞を受賞した
写真家・中野正貴氏が、自作を語ります。

 

集中講義 伊庭 靖子氏「自作について」 終了しました

スクリーンショット(2011-12-08 20.39.21).jpg
伊庭 靖子 氏による集中講義「自作について」
日時:2011年12月19日(月)14:00~
場所:絵画棟5F 510 演習室2
講師:伊庭 靖子 氏(画家、京都成安学園 成安造形大学准教授)
対象:油画全学年。油画第6研究室学生、油画学部2年生(H23年度選択カリキュ
    ラム坂田ゼミ受講者)必修
担当教員:坂田哲也 担当助手:岩澤慶典

  続きを読む
 

集中講義 阿部 純 氏『不滅の記憶は可能か~墓をメディアの視点から考えてみた時に~』  
終了しました

H23_4研集中講義(阿部純)ポスター.jpg
阿部 純 氏    集中講義『不滅の記憶は可能か~墓をメディアの視点から考えてみた時に~』
日時:2011年 12月16日(金)16:00~19:00
場所:東京藝術大学上野校 絵画棟6階 プロジェクトルーム
対象:油画専攻全学年/油画第4研究室学生必修
講師:阿部 純(墓参家/メディア研究者)

プロフィール:
1982年 東京都町田市生まれ
東京大学 大学院 学際情報学府 博士課程 在籍
担当教員:齋藤 芽生
担当助手:佐貫 巧
 

第2研究室学生による公開プレゼンテーション・講評会』  終了しました

2ken プレゼン.jpg
油画第2研究室学生による公開プレゼンテーション・講評会
日時:2011年 12月15日(木)17:00~
場所:絵画棟6F会議室
ゲスト:山本 和弘 氏(栃木県立美術館)
担当教員:小山 穂太郎
担当助手:諸橋 建太郎

ゲストに山本和弘氏をお招きしての油画第2研究室学生によるプレゼンテーションをご見学いただけます。小さな会場での開催となります。場合によってはご入場頂けないことがございますので、予めご了承ください。
 

集中講義 マルコ・ジアノッティー 氏
『サンパウロ大学、ブラジル現代美術、自作について語る』  終了しました


マルコ・ジアノッティ.jpg集中講義 マルコ・ジアノッティー 氏
『サンパウロ大学、ブラジル現代美術、自作について語る』
日時:2012年 12月12日(月)10:00~12:00
場所:上野校 絵画棟 5階演習室 509室
講師:マルコ・ジアノッティー ◎1966年サンパウロ生まれ。 
80年代よりとして油彩画家として活躍。現在、日系移民ブラジル人アーティストと同時代の
日本人画家比較研究のため、京都外国語大学に客員教授として滞在中。 
担当教員:保科豊巳
担当助手:鳴海暢平

 

集中講義 『 此の人の声、応答せよ。vol.9 村瀬恭子 』  終了しました

h23_konohitonokoe08.jpg
H23年度油画集中講義
『 此の人の声、応答せよ。vol.9 村瀬恭子 』

日時: 12月13日(火)14:00~16:00
場所:東京藝術大学上野校地 美術学部絵画棟5階演習室 2
対象:油画全学年(油画第7研究室学生は必修)
油画webサイト:http://geidai-oil.com/



村瀬恭子 Kyoko MURASE
1963 岐阜市生まれ 
1986 愛知県立芸術大学卒業 
1989 愛知県立芸術大学大学院修了 
1990-96 国立デュッセルドルフ芸術アカデミー在籍 
1993 コンラッド・クラぺックよりマイスターシューラー取得 
デュッセルドルフ在住 
  続きを読む
 

集中講義 鴻崎正武 氏 「自作を語る」  終了しました

ポスター.jpg
鴻崎正武 氏による集中講義「自作を語る」
日時:2011年12月9日(金)14:00~
場所:絵画棟5F 510 演習室2
講師:鴻崎正武 氏(画家、東北芸術工科大学美術科洋画コース専任講師)
対象:油画全学年。油画第6研究室学生、油画学部2年生(H23年度選択カリキュ
    ラム坂田ゼミ受講者)必修
担当教員:坂田哲也 担当助手:岩澤慶典


鴻崎正武 Kozaki Masatake   略歴
 画家。1972年生まれ。福島県福島市出身。東京芸術大学油画科卒。
2005年 東京藝術大学大学院絵画科後期博士課程修了(学位取得)。2005年 New Spirits福島(福島県立美術館)、 2007年 個展(六本木・gallery MoMo)、個展 (新宿・佐藤美術館)、2008年 Ma展 (New York・DILLON Gallery)。受賞歴は東京芸術大学 O氏記念賞、学校買上げ賞、UBS Art Award 2000 Finalist Japan、第13回青木繁記念大賞展 大賞。
現在 東北芸術工科大学美術科洋画コース 専任講師。

 

油画集中講義 辰野登恵子 氏  終了しました

h23_tatsunotoeko_b01.jpg
【 H23年度 油画集中講義 辰野登恵子 氏 】
日時:2011年12月6日(火)10:00〜12:30
場所:絵画棟5階演習室2(510)
講師:辰野 登恵子 氏(画家、多摩美術大学教授)
対象:油画全学年(油画学部3年生は必修)

油画webサイト
http://geidai-oil.com/

辰野登恵子氏webサイト
http://www.tatsunotoeko.com/

 

辰野 登恵子氏 略歴
1950 長野県に生まれる/1972東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻を卒業/1974東京芸術大学大学院を修了/1995「辰野登恵子 1986-1995」展が東京国立近代美術館で開催される/1996 平成7年度(第46回)芸術選奨文部大臣新人賞を受賞/2003多摩美術大学客員教授となる/2004多摩美術大学教授となる


  続きを読む
 

油画集中講義 「続発する小規模プロジェクト、九州」  終了しました

真武氏ポスター.jpg
H23年度 油画集中講義  「続発する小規模プロジェクト、九州」
日時: 2011 年12 月5 日( 月) 13:30~16:30
場所: 上野校地美術学部絵画棟絵画棟1F 立体工房
講師: 真武真喜子氏(インディペンデント・キュレーター/アーキビスト)
対象:油画全学年、油画第三研究室学生必修

九州のアートシーンについてお話して頂きます。公立美術館以外で、アートNPOやアーティストのグループ が主宰するオルタナティヴな活動について紹介していきながら、現在のアートシーンのありようを考察します。
真武氏が、アーティストとインディペンデント・キュレーター、アートマネージメントに関わっている「八万湯プロジェクト」(http://hachimanyu.web.fc2.com/ ) についてや、アートNPO「創を考える会北九州」(http://www.sohkai.or.jp/ ) の企画協力に携わり、また個人でアーティスト・イン・レジデンス/スペース Operation Table(http://www.operation-table.com/ ) の運営についても含め、北九州以外、九州全域の活動との連携についてもお話して頂きます。
 

集中講義 命がけの絵-伊藤若冲「動植綵絵」と狩野一信「五百羅漢」  終了しました

H23集中講義ポスター(山下裕二).jpg
講師:山下 裕二  氏
日時:2011年12月5日(月)14:00〜
場所:絵画棟5階演習室
対象学年:油画全学年※学部4年生、油画第6研究室必修
担当教員:坂田 哲也
担当助手:岩澤 慶典/鳴海 暢平/宮寺 雷太



山下裕二 
1958年広島生まれ。東京大学大学院修了。明治学院大学文学部芸術学科教授。専攻は日本美術史。著書に『岡本太郎宣言』(平凡社)、『室町絵画の残像』(中央公論美術出版)、『日本美術の20世紀』(晶文社)、『伊藤若冲鳥獣花木図屏風』(小学館)、赤瀬川原平との対談集に『日本美術応援団』(くま文庫)、『京都、オトナの修学旅行』(淡交社)などがある。現在、『文藝春秋』、『花椿』、『和楽』、『美術の窓』などに連載中。

 

集中講義「ゴッホの造形の核心に迫る。」  終了しました


小林集中23.jpg
平成23年度 油画技法・材料研究室
集中講義「ゴッホの造形の核心に迫る。」
日時:12月2日(金)10:00~13:00
場所:絵画棟1階油画技法・材料研究室
講師:小林英樹
対象:油画科全学生(油画技法材料研究室修士1年生は必修)
担当教員:佐藤一郎  担当助手:木下拓也

小林英樹 プロフィール
1947年 埼玉県川越市生まれ
1973年 東京芸大油画専攻卒
2001年 北海学園大学工学部建築学科教授
2006年 愛知県立芸術大学美術学部教授
1983年~現在まで
DEEDS of COLORS(色彩を使った行為)10数回の個展と10回のグループ展
■ファン・ゴッホ研究および執筆
1994年頃、一枚の腑に落ちない「ファン・ゴッホ」と出合う。
それ以来、造形的観点より作品に迫る手法でファン・ゴッホの研究および執筆を行なう。
『ゴッホの遺言』(1999年、情報センター出版局、日本推理作家協会賞・評論その他部門受賞)
『ゴッホの証明』(2000年、情報センター出版局)
『耳を切り取った男』(2002年、NHK出版)
『色彩浴』(2003年、ポーラ文化研究所)
『ゴッホの復活』(2007年、情報センター出版局)
『完全版ゴッホの遺言』(中公文庫、2009年10月、中央公論新社)
『ゴッホの宇宙』(2010年8月10日、中央公論新社)
『「ゴッホ」にいつまでだまされ続けるのか』(2011年7月、情報センター出版局)

 

油画科集中講義 「卒業後10年と移動生活、絵画から写真に、生活と制作、......」  終了しました

下道基行集中講義.jpg
H23年度 油画集中講義 棚田 康司 氏
日時: 2011 年11 月25 日( 金) 10:00~12:00
場所: 上野校地美術学部絵画棟5階演習室
講師: 下道基行(シタミチモトユキ) 氏
対象:油画全学年 ※油画3 年生、油画技法材料研究室修士1年生は必修

ムサビ時代に絵画を専攻していた下道基行は、卒業後写真を使うようになり、最近では様々な方法で作品を作り続
けている。日々の生活や移動や旅の中で、出会ったもの/ことにフォーカスし、リサーチやフィールドワークを通
じて知っていく過程も含めてビジュアル化している。今回は、出版や展示、都市型のアートプロジェクトへの参加
や海外レジデンスでの生活など、制作活動する中で感じた事を中心に、制作の話そして生活の話をしていただきま
す。


  続きを読む
 

ジュン・ヤン「忘却と記憶についての短いレクチャー」  終了しました

博3奥村_自主企画ポスター.jpg
ジュン・ヤン「忘却と記憶についての短いレクチャー」
Jun Yang: A Short Lecture on Forgetting and Remembering

講師 ジュン・ヤン
通訳:小林禮子
場所:美術学部中央棟第一講義室(東京藝術大学上野校地)
日時:2011年11月17日 18:00~20:00
対象:誰でも参加自由
 ※学生による自主企画のため、単位取得には関係ありません。
講義内容:これまでの作品やプロジェクトについて、その背後にある考えについて
企画:美術研究科博士後期課程3年 奥村雄樹
 ※この講義は藤井光によって撮影され、奥村の映像作品の素材として使用されます。
協力:絵画科油画、シュウゴアーツ


  続きを読む
 

油画集中講義 棚田 康司 氏  終了しました

名称未設定-5.jpg
H23年度 油画集中講義 棚田 康司 氏
日時: 2011年11月18日(金) 10:00−12:30
場所: 東京藝術大学美術学部上野校地絵画棟5階 演習室2(510)
講師: 棚田 康司(たなだ こうじ) 氏
対象: 油画全学年(油画学部3年生は必修)


  続きを読む
 

集中講義『近代を超えて:戦後現代美術における変容と自然回帰のパラダイム』  終了しました

H23集中講義松井みどり(print).jpg
講師:松井みどり 氏 
日時:2011年 11月15日(火)10:00~12:00
場所:上野校 絵画棟 5階演習室
講師:松井みどり 

担当教員:保科豊巳


 

集中講義「空気が危ない ?」(現代の環境)  終了しました

平川集中講義2.jpg
H23年度 油画集中講義
講師:平川 滋子 氏
日時:2011年11月8日(火)9:30~12:30
場所:上野校地美術学部絵画棟5階演習室
対象;油画専攻全学年/学部2年生必修


現在開催中の金津創作の森(福井県あわら市)企画、平川滋子展「空気が危ない?-光合成の森-」を中心に、アートと環境、また活動をする作家の環境など、活動の現実について語る。「空気が危ない?」プロジェクトは、はじめてエコロジー概念をアートに取り入れたプロジェクト。エコロジーとアートの二つの概念のせめぎあいについても言及。

金津創作の森(http://sosaku.jp/)企画
アート・ドキュメント2011
平川 滋子展 「空気が危ない?ー光合成の森ー」

会期:2011年10月22日~12月11日/
月曜休館、祝日の場合は翌日
休館
時間:10:00~17:00(最終入場は16:30
場所:金津創作の森、福井県あわら市宮谷
野外、アート・コア美術館、ギャラリー
)
入場料:500円、高校生以下無料

  続きを読む
 

集中講義「日本画 と 古代蛇信仰」 終了しました

hebiheni.jpg
H23年度 油画技法・材料研究室 集中講義
講師:山﨑 宏
日時:2011年10月28日(金)14時~16時(予定)
場所:東京藝術大学 美術学部 絵画棟1階 油画技法材料ゼミナール室
対象:油画科全学生 ※油画技法材料修士1年必修

講義題目:「日本画 と 古代蛇信仰」
講義概要:日本人は、日本画を中国水墨画と無意識に混同し、西洋画を盲信しながらついにその原型を見失ってしまった。日本画の本質を探るためには絵画史・建築史・庭園史だけでなく、気候学・考古学・人類学・生物学・民俗学・仏教学・心理学・神話学・哲学・言語学など、幅広い分野からのアプローチが必要だが、本講義では民俗学、中でも縄文から続く「古代蛇信仰」にスポットをあて、日本人の深層心理に潜む美の原型を探る。



  続きを読む
 

美術学部特別講演会  ヴィム・ヴェンダース氏 来校!  終了しました

WIM.jpg
始めは画家になろうとした頃、
映像の世界に入った頃から最新の活動について。

講師:ヴィム・ヴェンダース (Wim Wenders) 氏
日時:2011年10月26日(水) 16:30~18:30
場所:美術学部中央棟 第1講義室
対象:美術学部 全学年
企画:絵画科 油画
   坂口 寛敏 教授
協力:東京都現代美術館











  続きを読む
 

集中講義「藤田嗣治と東京美術学校の距離」 終了しました

林 洋子 集中講義.jpg
H23年度油画技法材料
集中講義「藤田嗣治と東京美術学校の距離」

講師林洋子
日時:10月17日(月)10:00~12:00
場所:東京藝術大学 美術学部 絵画棟5階 演習室
対象:油画科全学生 ※油画技法材料修士1年、油画学部3年必修





  続きを読む
 

集中講義「壁画と建築の関わりー 壁画は建築にとってどのような意味を持つのか」 終了しました

H23集中講義ポスター_壁2.jpg
講師:日高健一郎先生(筑波大学大学院教授)
日時:2011年10月14日(金) 13:30〜15:30
場所:東京芸術大学取手校地 メディア棟2F第2講義室
対象:油画全学年
   油画科1年モザイク・フレスコ実習履修者、 
            壁画第2研究室 必修
担当教員:工藤晴也


 

集中講義『Readymaids』 終了しました

ジーニー氏集中講義.jpg講師:ジーニー・シムズ氏
日時:2011年9月21日(水) 13:30~16:30
場所:絵画棟 演習室
対象:油画全学年、油画第三研究室学生必修
担当教員:坂口寛敏
 

集中講義 「汽水域ー混合技法による制作からー」終了しました


滝波集中.jpg
講師:滝波重人
日時:2011年7月25日(月) 10:00~ 
場所:油画技法材料研究室ゼミナール室
対象:油画全学年
   油画技法材料研究室修士1年生必修
担当教員:佐藤一郎


  続きを読む
 

集中講義 「絵を描くことを描くことについて」終了しました

yabumae.jpg
講師:藪前知子 氏
日時:2011年7月21日(木)9:30〜12:30
場所:絵画棟5階 演習室1・2
対象:油画全学年 ※油画学部2年生必修。
担当教員:小山 穂太郎  東谷 武美






  続きを読む
 

集中講義 「公開講評会」

是枝集中講義.jpg講師:是枝開 氏(神奈川県立美術館主学芸員)

タイトル:公開講評会

日時:2011年7月25日(月)13:30~16:30

場所:絵画棟5階 演習室1・2

対象:油画科全学年 ※油画第3研究室必修

 

集中講義 此の人の声、応答せよ。 Vol.8 長谷川繁 −怒りのバナナ−  終了しました

集中講義 此の人の声、応答せよVol.8.jpg
講師:長谷川繁 氏
日時:2011年7月1日(金)14:00〜16:00
場所:絵画棟5階 演習室2
対象:油画全学年 ※油画第7研究室学生は必修。
担当教員:O JUN

 

集中講義 此の人の声、応答せよ。vol.7   終了しました

h23_konohitonokoe07.jpg
講師:小林 耕平 氏
日時:2011年 5月 13日(金)14:00〜16:00
場所:絵画棟5階 510 演習室2
対象:油画全学生 ※油画第7研究室学生は必修。
担当教員:O JUN

  続きを読む
 

集中講義 吉野律 「Asian Cultural Councilってなに?― 海外で学ぶこと、広がること」

 集中講義ACC-吉野律(print).jpg
講師:吉野律 氏
タイトル:「Asian Cultural Councilってなに?― 海外で学ぶこと、広がること」
日時:2011年1月18日(火) 10:00~12:00
場所:絵画棟5階509演習室(上野)
対象:油画全学年
   ※油画第5研究室 / 学部3年生必修
 

集中講義 「キュレーションの現在」 ―クンストハレ・ベルン館長 フィリップ・ピロット―

H22_5_3研フィリップ・ピロット集中講義.jpg
講師:フィリップ・ピロットPhilippe Pirotte 氏
タイトル:「キュレーションの現在」
ークンストハレ・ベルン館長 フィリップ・ピロットー
日時:2011年1月17日(月)15:00~17:00
場所:中央棟第一講義室(上野)
対象:油画学部生
   油画第五研究室・油画第三研究室
 

集中講義 「1/fのゆらぎ‒ 羽根ペンと没食子インクによる素描 ‒」

H22技材 土井原崇浩集中講義.jpg
講師:土井原崇浩 氏(高知大学教育学部教授)
タイトル:「1/fのゆらぎ」
  ‒ 羽根ペンと没食子インクによる素描 ‒
日時:2011年1月11日(火)13:00~17:00
   2011年1月12日(水)13:00~17:00
場所:絵画棟1階油画技法材料研究室ー実習室(上野)
定員:15名
対象:油画科全学年 油画技法材料修士1年必須